1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

シェア伸ばすJT、新デバイス「Ploom X ADVANCED」発売で加熱式たばこ三国志にさらなる変化が!?

ニューズウィーク日本版 / 2023年12月6日 16時25分

新デバイス「Ploom X ADVANCED」(左)はどう進化したか、新銘柄「メビウス・ブラック・コールド・メンソール」(右)にかかる期待とは

<加熱式たばこ市場にJTが新製品を投入し、ライバルに猛追をかける。デバイスそのものの進化だけでなく、同時発売となった新しい銘柄にも注目すべき理由とは>

日本の加熱式たばこ市場はさながら三国志――2021年の夏、そのような記事を出した。日本たばこ産業(JT)の「Ploom」、米フィリップ・モリス・インターナショナルの「iQOS」、英ブリティッシュ・アメリカン・タバコの「glo」の3ブランドが、日本市場でしのぎを削っている。

今年4~6月、加熱式たばこの販売数量は140億本に達し、前年同期から12%増となった。一方の紙巻たばこは227億本で、前年同期比3%減。嗜好品たるたばこの世界は、着実に加熱式たばこへと移行しつつある。

デバイスのシェアはどうか。2年前、JTがJTインターナショナル(スイス)と共同開発したグローバルモデル「Ploom X」を投入した当時は、先行する「iQOS」が7割を占め、続くのは「glo」だった。JTの「Ploom」は高温加熱型デバイス投入の遅れが響き、4%程度と低迷していた。

しかし、Ploom Xの洗練されたデザインと高いユーザビリティ、高温加熱型の前モデルから大幅に向上した豊かな喫味で徐々にシェアを拡大。現在は2.5倍となる10.5%まで伸長している。そして11月21日、JTはPloom Xの後継機である「Ploom X ADVANCED」をリリースした。

スイスでPloom XとPloom X ADVANCEDの開発に携わった山口顕氏(左)と、関西工場の製造部長、嶋田達也氏(右)

春のメビウス・リニューアルは「布石」だった

今年6月までジュネーブに拠点を置くJTインターナショナルに所属し、Ploom XとPloom X ADVANCEDの開発に携わっていた商品企画部 RRP担当部長の山口顕氏は、開発の経緯を率直にこう語る。

「シェアが伸びている一方で、Ploom Xをお試しいただいた後、離脱されているお客様も存在します。理由は吸いごたえ、味・香り、メンソール感のいずれもが弱いということ。これはPloom Xだけでなく、加熱式たばこ全体の課題ですが、今回、我々はそれらの課題に真っ向から向き合い、解決に取り組みました」

そして誕生したPloom X ADVANCEDだが、最たる進化は、最新の加熱技術「POWER HEATFLOW」により、最高加熱温度をPloom Xの約295度から約320度へ上昇させたことだ。山口氏が続ける。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください