1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. 国際総合

ロシアの大規模ドローン攻撃からウクライナの空を守る「マートレット」ミサイルとは

ニューズウィーク日本版 / 2023年12月7日 19時49分

軽量多目的なドローンバスター、マートレット Thales

<ロシアのインフラ攻撃が激化し、何より防空能力が求められるウクライナで、イギリスが密かに供与した軽量多目的ミサイルが200機超のロシア・ドローンを叩き落とした>

<動画>軽量ながらドローンバスターとして威力を発揮するマートレット

ロシア軍の大規模なドローン攻撃が続くなか、ウクライナ軍はイギリスから供与を受けたレーザー誘導式ミサイル「マートレット」を使って撃墜しているようだ。

12月2日付の英タイムズ紙によれば、ウクライナ軍は11月下旬に首都キーウを狙って飛来したロシア軍の自爆型ドローン「シャヘド」の大群に、マートレットで対抗したという。キーウ地域を担当するウクライナ軍の司令官は同紙に対し、マートレットでロシア軍のドローン計213機(自爆型ドローン「ランセット」や偵察ドローン「オルラン」も含む)を破壊したと語った。

ロシアによるウクライナへの本格侵攻が始まって21カ月。ロシア軍はウクライナのエネルギー関連施設や物流拠点を狙ったミサイル攻撃やドローン攻撃を繰り返しており、冬を迎えたウクライナにとっては防空能力の強化が最優先だ。

イギリスがウクライナに対して密かにマートレットを供与していたらしいことが明らかになったのは2022年4月半ば。ウクライナ軍の第95独立空中強襲旅団防空部隊がこれを使い、ロシア軍の偵察ドローン1機を破壊したと報じられたのだ。

ある防衛関係者はタイムズに対して、マートレットは当時、防空支援の一環としてウクライナに供与されたと明かした。姉妹ミサイルの「スターストリーク」と共に供与され、2022年3月末からウクライナ軍が運用を開始した。

地・海・空のどこからでも発射可能

英国防省は2022年10月の声明で、ウクライナの防空体制を充実させておくことが「これまでもこれからも、イギリスの軍事支援における優先事項」だと述べた。「我々はこれまでも、携帯式防空ミサイルシステムのスターストリークを搭載した装甲車や数百発にのぼる地対空ミサイルなどさまざな防空システムを提供してきた」

また前述の防衛関係者は、「マートレットはイギリスが供与した発射台と互換性があるし、マートレットのような軽量多目的のミサイルは無人機を攻撃するのに適している」と述べた。

マートレットは軽量の精密打撃ミサイルで、空、海と地上のどこからでも発射できる多目的型。製造元によれば、装甲車両や無人機をはじめ、無数の脅威を排除する能力がある。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください