フジテレビプロデューサー・福原伸治「ニコ動が面白くなればテレビ制作者も焦る」

ニコニコニュース / 2012年2月4日 17時59分

フジテレビプロデューサー・福原伸治氏(左)と日本テレビ編成局・エグゼクティブディレクター・土屋敏男氏

 フジテレビの自己検証番組『新・週刊フジテレビ批評』。2012年2月4日、この番組の放送開始前に、ニコニコ生放送で『「新・週刊フジテレビ批評」批評』が放送された。この中で、『新・週刊フジテレビ批評』の番組プロデューサーを務める福原伸治氏が「ニコ動が面白くなっていけば、テレビの制作者も焦る。ネットとテレビがコンペティター(競争相手)の関係になると、もう少しメディアが面白くなる」と語った。

 ニコニコ生放送など、利用者の数が近年増加しているインターネット生中継。ゲストとして番組に登場した日本テレビ編成局・エグゼクティブディレクター・土屋敏男氏は、自身がプロデューサーを務めたバラエティ番組『進ぬ!電波少年』(日本テレビ系列)のコーナー「電波少年的懸賞生活」が放送された1998年には、すでにインターネット生中継をしていたと話した。

 「電波少年的懸賞生活」とは、「人は懸賞だけで生きていけるのか?」というテーマのもと、お笑い芸人の「なすび」が全裸となって、懸賞で当てた商品の総額が100万円になることを目指す企画だ。

 土屋氏によると、懸賞雑誌をもとにハガキで懸賞活動に励む「なすび」の様子をテレビ番組だけでなく、インターネットの24時間生中継も試したが、「なすび」が衣服も身に着けず全裸のまま生活しているため、モザイク処理のスタッフを3時間交代・24時間体制で配置していたという。土屋氏は

「絶対(局部を)出しちゃいけない。(PCの)マウスで、(モザイクをかけるように)追いかけていった。本人には(生中継のことを)言っていないから、いつ(机から)立つか分からない。すごい緊張感のある24時間だった」

と当時を振り返った。

■「ニコ動が面白くなれば、テレビ制作者も焦る」

 番組ではまた、メディア・アクティビストの津田大介氏が「ネットでは、『テレビはダメじゃね?』と『ニコニコもいけないよ。(テレビには)足元及ばないよ』と割れ始めた」と指摘。これを受けた福原氏は、テレビ番組の制作に関わる立場から

「ニコ動が面白くなっていけば、テレビの制作者も焦る。今までテレビがメインだったので、別に面白いものがでてくると、自分たちが足りないものが何かを考え始める。だから、いい意味でのコンペティター(競争相手)の関係になると、もう少しメディアが面白くなる」

と述べていた。

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送] 福原伸治がテレビとネットについて語る部分から視聴 - 会員登録
http://live.nicovideo.jp/watch/lv79740987?po=newsinfoseek&ref=news#26:40

(松本圭司)



【関連ニュース】

ニコニコニュース

トピックスRSS

ランキング