【男の体験談】普段クールな女性が……!僕たちこんな年上女性に惚れました!6選

OTONA SALONE / 2019年7月17日 19時30分

男性って若い子が好きなんでしょ?と思いがちですが、年上女性の事も魅力的だなと好意を抱いているのです!

私なんて……こんな年だし……と自信が少しない40代女性に是非チェックしてほしい40代女性ならではの「魅力」や「惚れた振る舞い」をご紹介していきます。

 

年下男性から見た40代女性の3つの魅力

年上彼女の魅力1:外で見せる顔と、自分だけに見せる顔が違う

「外で見せる顔と、自分に見せる顔がかなり違う。外ではパリッと見せているけど、内では茶目っ気がある。ツンデレとまではいかないけど、そこがすごく魅力的。自分だけしか知らない顔がある…と思うと特別感を感じる」(35歳・男性)

 

年上彼女の魅力2:少女のような愛らしさがある

「落ち込んでいる様子だったので理由を聞いたら、そんなことで落ち込まないだろ……と思うほど、たいしたことじゃなかった。小さなことで落ち込んでいる姿がすごくかわいいなと思った」(33歳・男性)

 

「誕生日に手作りのホットマスクをプレゼントしてくれた。真心を感じた」(36歳・男性)

 

「鳥が好きな彼女は、道に歩いているカラスやハトに普通に話しかける。そういう不思議な、天然っぽいところが好き」(33歳・男性)

 

年上彼女の魅力3:話題が豊富で「話ができる」安心感がある

「同年代よりもしっかりしていて、こちらの話を理解しようと聞いてくれる。話を聞いてもらっているという安心感がある」(39歳男性)

 

「自分よりもいろんな経験をしているので、勉強になることが多い。年上女性は昔あった事件やニュースも知っているから、話題が尽きない。年下女性と比べてもかなり共通点が多いと思う」(36歳男性)

 

「年を重ねているということは、それだけ世間にもまれているということ。自分が知らない世界を教えてくれるところがいい」(33歳男性)

 

>>詳しくはこちら

年下男性が思わず惚れた40代女性の振る舞い3選

1:コドモ扱いせずに「対等」に見てくれる

「今の部署のマネジャーですね。年齢はけっこう離れていますが、コドモ扱いされたことは一度もありません。僕のことは常に❝さん❞付けで呼ぶし、仕事中はずっと敬語を使って接してくれます」Tさん(32歳・SE)

 

「僕の教育係だった先輩なんですけど、惚れた瞬間があります! まだ右も左もわからない新人のころ、クライアントに対してとんでもない通達ミスをしてしまったんですよ。真っ青になっていた時、先輩が向こうからやってきて……。

 

すっごい怒られるかと思って覚悟してたら『私がちゃんと確認しなかったから』って言って一緒に対応策を考えたり、全部カバーしてくれたんです。泣きそうになりながら謝ると『こんな経験ができるのは、新人の特権なんだよ』と言って飲みに連れて行ってくれました

 

次にミスした時は、さすがにフォローはしてもらえませんでした。でも、そんなシビアな面も含めて社会人としてのありかたを学べました」Sさん(27歳・営業)

 

2:普段クールな女性が○○で「ギャップ萌え」

「ふだんクールな年上の女友達が、何かツボったのか❝布団がふっとんだ❞級のダジャレでいつまでも笑い転げていたところを見て萌えた。しまいには笑いすぎて涙まで出てたし」Hさん(41歳・団体職員)

 

「あまり冗談を言わない真面目ないとこの姉さんにヒザカックンされた時。俺が『アゥッ』と情けない声を出したら、イタズラっ子みたいな顔で微笑まれた。これで惚れないわけないでしょ! 」Mさん(38歳・SE)

 

3:計算のない優しさに大人の余裕を感じました

「飲み会の席で、人数分の小皿やお箸を配ってくれたり食べ終わった食器を端に寄せたり、誰も気づかないことをさりげなくできる女性。『お気遣いありがとうございます』と言ったら『え、何が? 』だって。本人は無意識にやってたみたい。キュンときたわー」Oさん(50歳・SE)

 

「客先から暑い中社に戻ってきた時、空調の温度を下げておいてくれた派遣さん。ケーキ買ってきたからどうぞ食べてください! 」Kさん(26歳・営業)

 

>>詳しくはこちら

 

いかがでしたか?

オトナならではの魅力が40代女性にはたくさんあります!

是非参考にしてみてくださいね!

 

≪主婦の友社 OTONA SALONE編集部さんの他の記事をチェック!≫

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング