睡眠、風邪、ストレス対策…「ヨガを始めて私の人生こう変わった」

OTONA SALONE / 2018年7月9日 20時0分

飽き性……継続って意外と難しい……何をやっても長続きしないけど「ヨガだけは続けている」とよく耳にします。日に日に歳を重ねていくにつれ変化(老いとも言う)を目の当たりにする40代ですが、ヨガを長く続けていることで気がついた身体や心の変化などを長く続けている生徒さんたちに伺いました。

 

トレーニングとは違うヨガの醍醐味

私はプロスノーボード選手として青春時代を過ごしました。その経験から、スポーツやトレーニングでは得られない深いリラックスを重視しています。ヨガには集中力がアップし、結果的にパフォーマンス能力が向上するという、素晴らしい恩恵がヨガにはあります。努力・忍耐・根性の力づくでハードルを乗り越えるのではなく、続けることで自然に健康的な身体の状態が理解でき、受動的に心の気づきを得られる。それがヨガを継続する魅力の一つです。

 

なので、飽き性やブランクがあっても「なんだかんだ言ってもヨガは続けている」という方も多いですよね。

 

ヨガはスポーツの様に毎日のトレーニングで技や速度のレベルがアップすることを目的としているのではなく、あくまでも「今の自分の状態、身体と心の様子を観る」、心身が健康的で至福に満ち溢れている状態をヨガで知る(気づく)ことを目的としています。

 

いろんなタイプのヨガがありますが、登山と一緒でルートは違っても目指すピークは同じなのです。

 

今回は4年〜10年以上続けている生徒さんたちに「生の声」アンケート(匿名)のご協力をいただきました。

 

・ヨガを継続してみてどう感じるか?

・身体や心がどの様に変化しているのか?

・ヨガに対してどう向き合っているのか?

 

ちなみに先週の記事はこちら 「身体固いけどヨガできますか?」実際始めてみた人たちのリアルな感想は

 

40代が感じること。ヨガを続けてみたら……

アンケートにお答えいただいた方々は全員40代でした。

 

心地よくて寝る前の習慣がついた

ゆるくヨガを続けて早◯年。呼吸を意識しながらヨガをすると体がほぐれ心地よいと感じるようになりました。おかげで簡単なポーズを寝る前にやる習慣がつきました。

 

風邪をひかなくなり、集中とスッキリする貴重な時間

1ヶ月に1回しかやっていないので、はっきりとした効果かは分かりませんが、以前に比べて良くなった所は、風邪をひかなくなった事です。あとは体が柔らかくなった気がします。

内面的には、ゆっくりとした呼吸と動きの中で、何も考えずに集中する時間を持つ事で、ヨガの最後にスッキリとした気分になります。忙しい毎日の中で、何も考えない時間を持つ事は、とても貴重な事です。

 

地に足がどっしりついて心地よい

ヨガをやると肩甲骨をとても意識できます。あと、終わった日の夕方は、どっしり足が地面を踏みつけている感じがして、下に重心があることが感じられてとても心地よいです。細々ながらずっと続けたいです。

 

40代から50代、60代も体作りに続けたい

30代はカチカチの体がだんだんゆるんでくるのが楽しくて日々ヨガに邁進し、出産のための体作り、40代は育児のストレス発散。50代は60才からの体作りに更に邁進したいです。

 

180度変わってしまった人生、行き場のないのストレスの解消になった

子供を産んで、働きもせずにグータラしていた時に『子連れヨガ』に出逢いました。1ヶ月に1度の自分の為に使う時間(子連れだけど……)それは私にとっては、素晴らしく貴重でリラックスできる時間。

仲間にも恵まれ、先生にも恵まれ、至福の時間。何も考えず自分の身体に『無理なく』向き合い、自分の呼吸に『無理なく』意識を向けて、あの時間があったから大袈裟でなく頑張れたのかも。

痩せるためとか、健康のためとかじゃなく、とにかく『母になってしまった自分のため』もちろん子供を授かった事も、子育てできる事も楽しかったけど、180度変わった生活に辟易していたのも確か。その持っていき様のない見えないストレスを、子供と一緒にヨガに参加していながら解消もできていた。あの時間は私にとって、とても大事なもの。そんな事を思いました。

 

ヨガや呼吸法、瞑想で人生の向き合い方が変わった

12、13年ほど前、過労で体がだるく起き上がるのもやっとで、毎日を辛く感じていました。心身内科に通おうにも時間が合わず、なんとかしなければと思っていたところ、「ヨガがいいらしい」ということを聞きつけて、夜自宅にDVDを見ながら1週間やってみたところ、体の辛さがなくなりました。それが嬉しくて続けたところ、腰やお腹、お尻のあたりのスタイルがアップしてることに気がつき、本格的に習おうと、先生に教えてもらうようになりました。最初のうちは、難しいポーズができるようになりたいと思って無理したこともあったけど、ある先生から「毎日同じポーズを続けて、自分の体と心の変化に気づくことが大切」と教えてもらってから、ヨガを単なるエクササイズから、内省し自分を知るための行動と捉えるようになりました。

また、ポーズも大切ですが、いちばん私を変えたのは呼吸法だと思います。呼吸を意識することで、自分が生きているということを認識し、感謝するようになりました。その呼吸法から瞑想に入っていくことも好きです。瞑想すると頭と心を掃除したように、物事の認識がクリアになりました。

もし、ヨガに出会えていなかったら。私は自分の人生を厄介に捉えていたかもしれません。ヨガのおかげで、自分の体と心の向き合い方を教えてもらいました。

 

精神的に辛い時もできない自分も、不思議と精神的にリラックス

ヨガを続けてきて一番変化したことはマインド!

交感神経優位の時に、深い呼吸と共に自分でリラックスできる。

できない自分もOKが出せる(ヨガを通して常にカラダが変化していることが、左右差があって当たり前、できない事が悪いことではない、個人差がある、という事も知っているので、できない自分も責めない……笑

ヨガで自分のカラダの隅々に意識を向ける事に慣れてきたので、自分のカラダの硬くなりやすい場所や筋肉が足りない場所、緩めた方がパフォーマンスが上がる事を知る事ができる。

登山中、精神的に辛くなった時に呼吸に意識を向ける。そうするとネガティブな思考(辛い、登れない、辛い、登れない……の繰り返し……笑)が自然となくなっていく。これは本当に不思議。精神的に落ち着くのかな?まだまだカラダも硬いですが、ココロには柔軟性が出てきたと自負してます。これからも宜しくお願いします♪

 

安藤さんの個人ワークショップに参加するなら!

「大人の呼吸法」夕暮れと満月と夏の呼吸編 神奈川県 葉山港 鐙摺

詳細は、https://artyoga20180728.peatix.com/view

 

≪呼吸法ヨガセラピー指導者 安藤けいこさんの他の記事をチェック!≫

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング