1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

総武線沿線最大の大規模マンション「ウェリス稲毛」プロジェクト始動

PR TIMES / 2012年9月13日 13時54分



NTT都市開発株式会社、大和ハウス工業株式会社、大成建設株式会社、
新日本建設株式会社、三信住建株式会社の事業主5社は、
千葉県千葉市稲毛区に建設予定の分譲マンション「ウェリス稲毛」
(総戸数929戸)の街づくり『はぐむHILLS「ウェリス稲毛」プロジェクト』
を開始する。

阪神淡路大震災、東日本大震災を経て、絆やコミュニティの重要性が
見直される中、大規模マンションを中心に、
住民同士の交流を促す様々な取り組みが行われています。
災害時の対応や犯罪防止などの観点から「安全・安心」を目的としたものから、
「生活を豊かに楽しくすること」を目的としたものまで、
内容も多岐にわたっている。

今日、この動きは賃貸マンションに広がるなど、コミュニティに対する取り組みが住居を選ぶ際の条件として重要視されるようになってきている。

その一方で形成されたコミュニティを持続させていくことの難しさも指摘されており、
いかに継続的な交流を生み出すかが課題となっている。
「ウェリス稲毛」では、持続的なコミュニティ形成の実現にむけて、
住民たちの幸せを住民同士が大切に考え、育てていこうという気持ちを
“はぐむ”というキャッチコピーに込めプロジェクトを始動する。

この街づくりでは『セレンディピティ・ライフ・デザイン』
(セレンディピティ:思いがけないものの発見、
新しく幸せな出会いの場を生み出すこと)というコンセプトを基にしている。
首都圏で40件以上の街づくりプロジェクトに参加した実績のある、
“(有)デザインショップまちや”をランドスケープデザインの企画監修に迎え、
住民同士が“自発的に継続して交流を生み出せるコミュニティ”形成を
促す新しい発想の街づくりを目指す。

なお、「ウェリス稲毛」の資料請求受付は2012年9月14日(金)より開始する。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング