日揮株式会社、世界中の現場・拠点を繋ぎ双方向コミュニケーションを可能にした「e-ラーニングシステム」を株式会社オープントーンの協力の元、自社開発に成功。運用を開始。

PR TIMES / 2014年2月5日 13時12分

インターネットを用い世界中で利用可能な教育システム。世代、そして国境を越えたスキルやノウハウの共有が可能に。既存のコンテンツを利用可能にすることで導入コスト・期間も大幅低減に成功。

株式会社オープントーン(本社:東京都千代田区)と日揮株式会社(本社:神奈川県横浜市西区)は、世界中でプラント建設に従事する自社エンジニア教育のため、インターネットを用いた教育システム「e-ラーニングシステム」を開発しました。
Webを用いることで大幅な教育コストの低減と機会の創出を実現。既存の教育コンテンツの再利用や既存の人事・教育システムとのシームレスな連動を通し、導入コストも大幅な低減に成功しました。



「e-ラーニングシステム」は、インターネットが利用できる環境であれば、世界のどこでもの使える教育システムです。多国籍企業ゆえに世界各地で働く日揮株式会社の若手エンジニアや外国人エンジニアの技術力向上と、ビッグプロジェクトを成功に導いてきたシニアエンジニアの高度なエンジニアリング技術の共有は大きな課題でした。

世界中で利用でき、国境・国籍を超える本システムは、多言語対応はもちろん「楽しく使えること」を命題として構築され、あらゆる世代と国籍を超えたコミュニケーションツールとしても非常に高い効果をあげています。
結果、プロジェクトのQCD向上だけではなく、多国籍にわたる社員のモチベーション向上にも効果を期待されています。

この「e-ラーニングシステム」は、既存のパッケージ製品から作られたものではなく、株式会社オープントーンの協力の元スクラッチで築き上げられました。その特徴の一つとして、これまで日揮株式会社社内に蓄積された教育コンテンツを、そのまま利用可能にし、既存の人事・教育システムとのシームレスな連携を可能にしました。
その結果、システムへの移行コストやコンテンツの作成コストが最小限となり、短期間・低コストでの導入・運用に成功しました。

スクラッチでのシステム開発には株式会社オープントーンが全面的に協力し、最新のリッチインターネット技術を提供し「楽しく使えること」を満たすために最良のユーザーインターフェースを構築しました。
本サービスではプロトタイプ開発を用い、短期間で実際のシステムを繰り返し提供することで日揮建設マンのニーズを確実に実現しました。
顧客の要件にエンジニアが直接向き合い、世界最高レベルのWebアプリケーション構築ノウハウを提供する株式会社オープントーンの「ITソリューションエンジニアリングサービス」によってパッケージ製品とのコスト差を最小にしつつ顧客満足度の最大化に成功しました。


株式会社オープントーンの「ITソリューションエンジニアリングサービス」
http://www.opentone.co.jp/showcase/nikki/index.html

★会社概要
会社名 :株式会社オープントーン
http://www.opentone.co.jp/index.html
〒101-0021 東京都千代田区外神田4-9-8 神田石川ビル4F
設立 :平成15年2月17日
代表者 :佐藤 大輔
従業員数:40名 (2012年2月現在)
資本金 :1,500万円

★本件に関するお客様からのお問い合わせ先
株式会社オープントーン
営業部:二村 sales@opentone.co.jp
〒101-0021 東京都千代田区外神田4-9-8 神田石川ビル4F
TEL : 03-4530-6222 FAX : 03-6368-4458

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング