若手社員の7割以上が出世欲あり!出世につながる賢いキレ方とは?『出世するキレ方』10月5日発売

PR TIMES / 2012年10月4日 15時6分



株式会社文響社(本社:東京都港区 代表取締役社長:山本周嗣)は、10月5日に発売されるビジネスコミュニケーション本『出世するキレ方』の刊行に伴い、若手会社員の「出世欲と人間関係」についての調査を実施しました。

果たして現代の若手社員は、本当に出世したいのか、出世するには何が重要だと考えているのか、そして仕事における人間関係はどうなのかに関して、実態が明らかになりました。

『出世するキレ方』では、この調査から明らかになった若手社員が抱える悩みの解決に有効なコミュニケーション:「正しいキレ方」をお伝えします。


■若手会社員に調査。出世の鍵は「人間関係」。社内の人に「キレた」経験がある人は3割以上も!

22歳~35歳の若手会社員は、出世についてどのように考えていて、また、出世には何が重要だと思っているのか、という「出世欲と人間関係」について調査しました。
 
まず、「あなたは出世したいと思いますか?」という質問に対しては、「出世したいと思う」という意見が74%でした。実際にどこまで出世したいかという問いに対しては、「部長・プロデューサー職」が24%、「役員」が21%、「社長」が14%となり、過半数の若手会社員が部長・プロデューサー職以上の出世を望んでいるという結果になりました。
続いて、「出世するのに必要だと思う条件は何だと思いますか?」と複数回答形式で聞いたところ、「仕事での成果」という回答が最も多く84%、続いて「上司との人間関係」(70%)、「部下への指導力」(57%)、「広い人脈」(52%)と続きました。

出世するために必要な条件と考えられている「人間関係」の実態について詳しく聞いてみました。「社内の誰かに対してキレたいと思ったことがありますか?」という質問には77%の人が「ある」と回答し、そのうち、実際にキレてしまったことがあると答えた人は40%にものぼりました (全体に対しては31%)。
キレてしまった後、その相手との関係について聞くと「最低限のコミュニケーションしかとらない状態になってしまった」(35歳)のように、キレてしまったが故に相手との関係が悪くなってしまったという意見が多く見られる一方、中には「腹を割って話せるようになった」(30歳)など、うまくキレることで問題がおきず、相手との関係が却って良くなったケースもありました。

このことから、相手との関係が悪くならないようなきちんとした「賢いキレ方」を身に付けることで、出世する際に重要な条件と考えられている人間関係を良くすることができると言えます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング