“おねえ系”タレント全盛の時代!女性の新宿二丁目・おねえ系への興味は? 「男友達よりも“おねえ系”友達がほしい」女性の4割が回答 10人に1人が「“おねえ系”友達がいる」 最高で「10人」いる人も

PR TIMES / 2012年3月29日 16時47分



スカパーJSAT株式会社(本社:東京都港区 代表取締役 執行役員社長 高田 真治)は、新宿二丁目のDEEPな情報を提供する新番組「二丁目なう」を4月1日(日)から放送開始するにあたり、20~39歳の東京23区内在住且つ23区内勤務の女性500名に対して、「新宿二丁目に関する意識調査」を実施いたしました。

■ 関心高まる「おねえ系」・・・女性の6割が「新宿二丁目に行ってみたい!」

 テレビをつければ、おねえ系タレントを見ない日はないと言っても過言ではないほど、今、「おねえ系」に注目が集まっています。世の中の女性は「おねえ系」の人や、「おねえ系」の人が集まる場所と言われている「新宿二丁目」に対してどのような印象を持っているのでしょうか。
 まず、「以前に比べて、おねえ系の人たちに興味を持つようになりましたか?」と聞いたところ、「そう思う」と回答した人が54.0%と過半数を上回る結果に。昨今の「おねえ系」ブームが影響してか、興味を抱くようになった女性は多いようです。
 次に、「新宿二丁目のイメージ」について聞くと、「一人では行きにくそうな場所」(51.0%)、「男の同性愛者が集まりそうな場所」(48.2%)が上位となり、やはり女性には足を踏み入れづらい場所であるというイメージが強いようです。しかし一方で、「不思議な体験ができそうな場所」(42.0%)、「面白そうな場所」(40.2%)と、「新宿二丁目」に興味を抱く女性も少なからずいることがうかがえました。実際に、「『新宿二丁目』に行ってみたいと思いますか?」と聞いたところ、「とてもそう思う・まあそう思う」と回答した人は58.4%。また、「おねえ系の人がいる店に行ってみたいと思いますか?」という質問には、62.2%の人が「とてもそう思う・まあそう思う」と回答しました。[グラフ1] その理由としては、「おねえ系の人と話をしてみたい」(73.0%)、「おねえ系の人と友達になりたい」(49.2%)、「自分の知見を増やしたい」(32.2%)などが上位に。女性には足を踏み入れづらいイメージのある「新宿二丁目」ですが、興味を抱いている女性は多く、「おねえ系の人と触れ合ってみたい」という女性の本音が垣間見えました。

■ 4割が「男友達よりも“おねえ系”友達がほしいと思うことあり」 その理由とは!? 
                 
 内心では「おねえ系の人と触れ合いたい、友達になりたい」と思っている女性たち。その思いはどの程度強いものなのでしょうか。
「男友達よりもおねえ系の友達がほしいと思うことがありますか?」と聞いたところ、43.4%の女性が「ある」と回答しました。また、同様に「女友達よりもおねえ系の友達がほしいと思うことがありますか?」という質問には、41.2%の女性が「ある」と回答しました。[グラフ2] 女性の4割以上が、おねえ系の友達を同性や異性の友達よりもほしいと思ったことがあると分かりました。
 その理由について聞いてみたところ、「話が面白そうだから」が69.9%と一番多く、以下、「人生経験が豊富そうだから」(55.0%)、「女性と男性の気持ちの両方を知ってそうだから」(53.4%)と続きました。一般的な男性や女性にはない「おねえ系」ならではの魅力に興味を抱いているようです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング