BoxToneエンタープライズ・モバイル管理ソリューションをNTTドコモが採用、日本市場への取り組みを強化

PR TIMES / 2013年6月28日 13時33分

米メリーランド州コロンビア・東京発:統合エンタープライズ・モビリティ・マネジメント(EMM)ソフトウェア・ソリューションのイノベーターであるBoxTone Inc.(本社:米メリーランド州コロンビア)は本日、株式会社株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 加藤 薰、以下:NTTドコモ)が提供する法人向けサービス「ビジネスmoperaあんしんマネージャー(R)」の強化・高度化のために、BoxToneのモバイル・デバイス・マネジメント(MDM)ソリューションが採用されたことを発表しました。

2013年6月28日

BoxTone Japan株式会社

BoxToneエンタープライズ・モバイル管理ソリューションをNTTドコモが採用、日本市場への取り組みを強化

米メリーランド州コロンビア・東京発:統合エンタープライズ・モビリティ・マネジメント(EMM)ソフトウェア・ソリューションのイノベーターであるBoxTone Inc.(本社:米メリーランド州コロンビア)は本日、株式会社株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 加藤 薰、以下:NTTドコモ)が提供する法人向けサービス「ビジネスmoperaあんしんマネージャー(R)」の強化・高度化のために、BoxToneのモバイル・デバイス・マネジメント(MDM)ソリューションが採用されたことを発表しました。

BoxToneの統合エンタープライズ・モビリティ・マネジメント(EMM)プラットフォームの一部であるBoxTone モバイル・デバイス・マネジメント(MDM)ソリューションにより、NTTドコモの企業顧客はGoogle Androidデバイスおよび企業のリソースやデータにアクセスするアプリケーションのセキュリティ保護、構成、および管理を行うことが可能になります。

NTTドコモ取締役常務執行役員 法人事業部長の 眞藤 務氏は、次のように述べています。「当社は最高レベルのセキュリティで安心・安全にお使いただくために、BoxToneソリューションを採用することといたしました。法人ユーザー様にモバイルを活用したビジネスを更に加速させ、スマートフォン/タブレット市場の拡大を牽引する大きな役割を担うことを期待します」

NTTドコモの「ビジネスmoperaあんしんマネージャー(R)」は、法人企業でご契約の携帯電話(iモードケータイ、スマートフォン)に対して、端末へのロック・回線の利用中断・ホワイトリスト方式によるwebアクセス制限など、さまざまな遠隔設定・制御をパソコン(Web管理サイト)から一元管理できるサービスです。2006年8月1日にiモード(R)ケータイ向けにサービスを開始し、現在では約4,000社以上の導入実績があります。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング