締め切り迫る!応募受付は9月15日まで。AMDD、小学生向け「君も未来の発明家!病気をなおす・見つける夢のきかい・けんさアイデアコンテスト」審査員も決定!

PR TIMES / 2019年8月29日 14時0分

病気の場所が見えるメガネや着るだけで元気になる服・・・君も発明家になって、病気とたたかう機械や検査を楽しく考えよう!

 一般社団法人 米国医療機器・IVD工業会(AMDD)(所在地:東京都中野区、会長:加藤幸輔)は団体設立10周年記念事業として、「君も未来の発明家!病気をなおす・見つける 夢のきかい・けんさアイデアコンテスト」として全国の小学生を対象にアイデア応募を受け付けています。そしてこのほど、本審査の審査員が決定いたしました。

日米の医療機器開発に精通する専門家をはじめとしたスペシャル審査員が最終審査会に登場!
 以下4名の審査員が、11月9日(土)に神戸市の甲南大学ポートアイランドキャンパスにて開催される最終審査会にて審査を担当いたします。

スタンフォード大学主任研究員 池野文昭先生
WHO(世界保健機関)神戸センター所長 サラ・ルイーズ・バーバー博士
駐大阪・神戸米国総領事 かれん・ケリー氏
AMDD会長 加藤幸輔


応募受付は9月15日まで!
 このアイデアコンテストでは、小学生の子供たちを対象に「あったら良いな!」と思う、医療に関わる機械や検査のアイデアとそのイラストを9月15日(日)まで、ウェブまたは郵送で募集しています。審査は低学年の部(1~3年)と高学年の部(4~6年)の2部門で行われ、一次審査の結果発表は10月10日(木)を予定しています。

 一次審査を通過した入賞者は、11月9日(土)の神戸市での最終審査会に招待され、アイデアの口頭発表を行っていただきます。そしてこの度決定した4名の審査員による厳密な審査のもと、2部門それぞれの最優秀作品を決定いたします。

最優秀賞商品はロボット・プログラミングキット!
 最優秀作品には、ブロックで自由な形を作り、プログラミングで様々な動きを与えて遊ぶロボット・プログラミングの学習キットSONY KOOVアドバンスキット(5万円相当)が、また優秀作品には、同じくKOOVスターターキット(3万円相当)が贈呈されます。また、審査会当日は実際の医療機器や検査機器に触れることができる体験コーナーを設けており、どなたでも自由に体験いただけます。

 なお、11月9日は神戸医療産業都市の一般公開日でもあり、普段入ることが出来ない研究施設や大学の最先端技術や最新の研究成果に触れることができ、コンテスト応募者以外の一般の方も無料で参加が可能です。神戸医療産業都市の一般公開に関する詳しいイベント情報は今後開設される特設ウェブサイトでご覧いただけます。(※8/30公開予定 https://www.fbri-kobe.org/kbic/ippankoukai/

コンテスト及び最終審査会・表彰式の詳細につきましては、別紙1または特設ウェブサイト: https://amdd.jp/contest/ をご覧ください。

一般社団法人 米国医療機器・IVD工業会(AMDD)について
AMDDは2009年4月1日に設立された、主に米国に本社を置く医療機器、体外診断用医薬品(IVD)などの先進医療技術を提供している日本法人約70社によって構成される業界団体で、2019年4月1日で団体設立10周年を迎えました。AMDDの会員企業は、心臓ペースメーカーなどの治療機器、人工関節などの整形外科材料、眼科製品、大型画像診断機器、遺伝子診断や各種IVD(体外診断用医薬品)・システムなど様々な先進医療技術を提供しています。また製品の輸入販売に留まらず、日本での研究開発や製造、日本で開発された部品の製品活用など、日本の医療機器産業と密接な協力関係を持っています。日本国内では、約21,000人の直接雇用を創出しているほか、修理・メンテナンス施設をはじめとする国内拠点は42都道府県に広がり、日本の医療機器産業の発展に貢献しています。詳しくは http://www.amdd.jp をご覧ください。


*************************

君も未来の発明家!病気をなおす・見つける夢のきかい・けんさアイデアコンテスト 概要
主催: 一般社団法人 米国医療機器・IVD工業会(AMDD)
後援: 神戸市、公益財団法人 神戸医療産業都市推進機構(FBRI)、甲南大学フロンティアサイエンス学部(FIRST)、US-Japan MedTech Frontiers(USJMF)

【募集要項】

募集内容:将来あったら良いなと思う医療に関わる機械や検査のアイデアとそのイラスト
応募資格:全国の小学生(低学年の部:1~3年生、高学年の部:4~6年生)
募集期間:2019年6月19日(水)~2019年9月15日(日)
応募方法:ウェブ応募フォームまたは応募用紙の郵送(詳細はこちら: https://amdd.jp/contest/


【発表・賞品】

一次審査結果発表:2019年10月10日(木)予定
最終審査会・表彰式:2019年11月9日(土)
賞品:
 低学年の部・高学年の部 最優秀賞(各1名):プログラミングロボットKOOV(アドバンスキット)
 低学年の部・高学年の部 優秀賞(各4名):プログラミングロボットKOOV(スターターキット)

※入賞者は11月9日に神戸市で行う最終審査会にてアイデアの口頭発表を行っていただきます。
※入賞者本人+保護者1名分の最終発表会への交通費・宿泊費は主催者より支給いたします。

【最終発表会・表彰式の概要】※参加無料。一般の方の当日参加可。

会場: 甲南大学ポートアイランドキャンパス (兵庫県神戸市中央区港島南町7丁目1-20)
審査員:
 スタンフォード大学主任研究員 池野文昭先生
 駐大阪・神戸米国総領事 かれん・ケリー氏(Karen Kelly)
 WHO神戸センター所長 サラ・ルイーズ・バーバー博士(Sarah Louise Barber)
 AMDD会長 加藤幸輔
イベント内容:
 入賞者による作品プレゼンテーション
 全応募作品のポスター展示
 医療機器・検査の体験コーナー


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング