クーパービジョンのアスリート支援プログラムに新たに2名のアスリートが参加。世界に羽ばたくアスリート達が競技や実体験を通じて感じた『目』や『視力』の大切さを語ります。

PR TIMES / 2012年1月24日 11時24分



報道関係各位
2012年1月24日
クーパービジョン・ジャパン株式会社

世界市場第3位(※1)のコンタクトレンズメーカー、クーパービジョン・ジャパン株式会社(東京都渋谷区)のアスリート支援プログラムに、新たに2名のアスリート(守屋宏紀さん:テニス、上山容弘さん:トランポリン) が参加いたしました。

クーパービジョン・ジャパンのホームページ ⇒ http://www.coopervision.jp 
アスリート支援プログラムのホームページ ⇒ http://www.coopervision.jp/athlete/ 

▼アスリート支援プログラムとは
コンタクトレンズは快適な視力(ビジョン)を提供しますが、視力はスポーツ競技の結果にも大きな影響を与えます。スポーツの世界で多くのトップアスリート達は高い目的意識に培われた強靭な精神力を備えています。
こうした目的意識・精神力もビジョンといわれています。クーパービジョンでは高い意識(ビジョン)を持ったトップアスリートの方々に快適な視力(ビジョン)を提供するお手伝いを行っています。

▼ 今回から参加されたアスリートのご案内
様々な舞台で活躍するトップアスリートに快適な視力を提供するアスリート支援プログラムに、素晴らしいアスリートが2名参加されました。

【守屋宏紀(もりや・ひろき)さん: テニス】
1990年10月16日生まれ、東京都出身。
6歳でテニスをはじめる。湘南工科大附属高校3年時の2008年には、インターハイで単・複・団体の3冠を達成、全日本ジュニアでも優勝し、ジュニアタイトルを総なめにする。同年の全日本選手権でもベスト4入りし、その後プロ転向。2011年にはプロ3年目で悲願の全日本選手権優勝。
現在は、世界各国のフューチャーズ・チャレンジャー大会を転戦し、ATPツアー、グランドスラム大会への出場を狙う一方、国内の日本リーグでも、北日本物産・リビックテニスチームの中心選手として、ルーキーイヤーから2年連続で優秀選手に選出される活躍を見せている。
小柄ながら、得意のライジングショットを生かした展開の速さや、コートを広く使うクレバーなテニスで、世界の大型選手に打ち勝つ姿は圧巻。
現在の日本若手男子選手の中心的な存在であり、甘いマスクと心優しい性格で女性ファンも多い。

【上山容弘(うえやま・やすひろ)さん: トランポリン】 
1984年10月16日生まれ。大阪府出身。
選手だった父親の影響で3歳からトランポリンを始め、6歳の時には早くも競技としてのトランポリンに取り組む。
大阪府立日根野高校1年のときに、全日本選手権シンクロナイズド競技で初優勝、同校3年のときに個人初優勝。それ以降国内では常にトップを争い、2005年の世界選手権では、個人、シンクロ、団体の全部門でメダルを獲得し、世界にその名を刻んだ。
大阪体育大学4年となった2006年シーズンは、ワールドカップで4勝、ワールドカップファイナルでも優勝し、日本人初の世界ランキング1位に輝いた。
2008年北京五輪ではメダルを期待されて臨んだが予選9位で惜しくも敗退。
2011年には世界選手権団体金メダル獲得に貢献し、日本選手権では個人、シンクロとも優勝し2冠を達成するなど調子をあげ、ロンドン五輪出場権獲得に向け、日々奮闘中。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング