第52回 消費者のためになった広告コンクール テレビ広告「防災にオーラルケア」編が金賞を受賞

PR TIMES / 2012年10月3日 10時41分



サンスター株式会社(本社:大阪府高槻市、代表取締役社長 吉岡貴司)のテレビ広告「防災にオーラルケア」編が、日本アドバタイザーズ協会(JAA)主催の「消費者のためになった広告コンクール」において、金賞を受賞しましたのでお知らせします。
阪神大震災では、震災の難から逃れられたのにもかかわらず、避難生活中の肺炎で200人以上が亡くなりました。繁殖した細菌が誤って気管に入ってしまう事で起こる、誤嚥性肺炎も多かったと考えられています。
サンスターでは、このことを重く受け止め、昨年3月の東日本大震災時以来、災害時のオーラルケアに関する情報を発信してきました。
 昨年の同コンクールでは、「災害時におけるオーラルケア」の新聞広告で銀賞を受賞しましたが、今回はテレビ広告部門での金賞受賞となります。受賞したテレビ広告は、そういった災害時のオーラルケアの重要性を理解してもらい、オーラルケア用品が命を守り続けるために重要な防災用品の一つである事を伝えています。
 今後、震災の記憶が薄れていく中でも、継続して「災害時にオーラルケア」の重要性をサンスターは啓発してまいります。

 <受賞作品概要>
1.受賞    :テレビ広告部門/16秒以上ブロック  金賞
2.放映期間  :2012年6月30日〜
3.タイトル  :防災にオーラルケア 編
4.秒数    :30秒

*受賞作品は、下記のURLからご覧になることができます。
 http://jp.sunstar.com/bousai/top.html#section08

*日本アドバタイザーズ協会(JAA)主催の「消費者のためになった広告コンクール」は、 広告関係者を審査員に含まず、消費者と有識者が消費者視点で評価するわが国唯一の広告賞です。「消費者のためになった」という観点から、「情報性」、「社会性・科学性」、「技術性・創造性」の3つの評価ポイントで審査が行われています。
JAAのWEBサイト http://www.jaa.or.jp/index.html

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング