コロナ禍における新しい忘年会のスタイルを提案

PR TIMES / 2020年10月21日 18時45分

~少人数、オンラインなど3種類を用意~

タメニー株式会社(東証マザーズ:6181)100%出資子会社のタメニーパーティーエージェント株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:穴水正博、以下 「TPA」)は、2020年10月15日(木)、コロナ禍でも安心して開催できる忘年会スタイルを提案開始いたしましたのでお知らせいたします。結婚式二次会、1.5次会の会場紹介、パーティープロデュースで培った経験を生かし、幹事様の負担を軽減いたします。

詳細はHPをご確認ください。
https://emotionalparty.jp/business/bonenkai/



[動画: https://www.youtube.com/watch?v=oD_VNVKIj-4 ]


■今年の忘年会はどうする?
新型コロナウイルスの影響で、入社式や内定式など、会社の公式行事においても企業の取り組み方が見直されてきました。年末に向け、忘年会の開催についてお悩みの企業も多い中、TPAでは感染リスクに最大限配慮した3つの忘年会スタイルをご提案します。
今年は、例年とは違う苦労を強いられる1年だったからこそ、労をねぎらう忘年会の開催が⽋かせないとわたしたちは考えています。

■新スタイルの3パターンとは
1.少人数開催+オンライン配信プラン
会場には幹事様を中心に数名の参加者様のみ。残りの社員様はZoomやTeamsを使いオンラインで参加。リアルと配信のいいとこどりプランです。

2.ゆったり少人数開催プラン
あらかじめ参加人数を絞って実施。通常60名や80名から利用できる会場を半分程度の人数で利用できるので、ゆったり広々なプランです。

3.オンライン配信プラン
参加者様全員がオンラインで参加。リアルな場を作らないため、参加人数に制限がありません。

■忘年会スルーへの対応、配慮もばっちり!
昨年は「忘年会スルー」という単語が流行しましたが、スルーしたい方の意見をまとめると「飲みたくもない人と、カネも時間も、気も使うのはイヤである」という調査も出ています。
TPAの提案する形式のひとつの特徴である、オンラインの忘年会では、各自自宅でお酒やソフトドリンク、おつまみを用意することが可能であり、お酌をする必要がなく、二次会に無理やり連れていかれるということも無いため、お金や時間の側面での課題を解決しやすくなります。

■TPAの忘年会が選ばれる理由
1.会場探しのプロが対応
自分でお店を探さなくてもOK!首都圏提携500店舗以上の中から安全性に配慮した会場をエモパ!のコンシェルジュがピックアップします。

2.オンライン配信もプラン内でOK
集まれなくても大丈夫!配信サポートを含むオンライン忘年会プランもご用意します。

3.実績多数のイベント企画力
ウェディング業界でこれまで5万組以上の二次会・1.5次会をプロデュース!オンラインや少人数でも楽しめるコンテンツを企画~運営までサポートします。

全てのプランに専属のプランナーが付き、幹事様の手間を軽減します。またオンライン開催の場合は配信・音響を担当する専用オペレーターの派遣やオンライン参加者様とも双方向にやり取りしながら楽しめるオンラインのオリジナルゲームアプリも費用に含まれます。
オンライン参加者様が増えるほど、1人あたりの費用は抑えられますので、会社予算の浮いた分を乾杯ドリンクやおつまみの配送をしても参加者様にグッと喜ばれるプランになります。

[画像1: https://prtimes.jp/i/59850/3/resize/d59850-3-664678-1.png ]



■問い合わせから実施までの流れ
[画像2: https://prtimes.jp/i/59850/3/resize/d59850-3-156649-0.png ]




<◆エモパ!忘年会 HP>
https://emotionalparty.jp/business/bonenkai/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング