1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

Let's GO RING!~和を尊ぶ日本から世界を和の輪で繋ごう!~地球人として国境を越えた絆を呼びかける音楽家・縄文土によるコロナ禍の人道支援ソング♪「ゴーリング!」♪「アワーワールド」2曲を発表

PR TIMES / 2021年7月29日 19時15分

「ミュージカラー」で創造性と多様性溢れるカラフルな生き方を! ボーダレス、ジェンダレスを伝え、格差や人種差別、偏見や差別をなくし、世界を”和の輪”で繋ぐ「ゴーリング!アワーワールド」のムーブメントを!

◎2020年、コロナ禍の南アフリカ、ドバイで人道支援活動中にロックダウンに遭い、現地取材、創作活動で長期滞在を経験した縄文土(じょうもんど、Gens Mondo=フランス語で”地球人”)書き下ろしによる平和讃歌♪「ゴーリング!」♪「アワーワールド」の2曲を2021年7月23日、東京から世界に向け発表!

◎コモンパッション=「共振」の輪を世界に広げる「ゴーリング!アワーワールド」プロジェクト。新型コロナの時代に、”地球人”=アーシアンズ(Earthians)として生きようと、新しい生き方を提唱する音と色彩の融合した「ミュージカラー」セラピー作品を世界に届けます。

<「ゴーリング!アワーワールド」プロジェクトとは>
コロナウイルスの蔓延に至ったライフスタイルや社会を見直し、自然界に元々ある縄文の時代から人間本来に備わる自然と共生するライフスタイルに戻ろうというムーブメントを提唱するものです。具体的には、世界の頂点を目指すスけートボーダーの男女の出会いと感染症の悲劇から夢を目指すミュージカル「アワーワールド」の制作、世界公演を企画しています。



[画像1: https://prtimes.jp/i/83785/3/resize/d83785-3-4b359d026951629e74b1-1.jpg ]

○2021年7月23日、東京で号砲が世界に響く、夢の話が現実になる日、新型コロナで直面する世界に、日本の『和』の想いを発信することで、格差や対立のない世界を実現したいという思いで♪「ゴーリング!」♪「アワーワールド」の2曲が、ジョンレノンのミッションを継承する総合芸術プロデューサー縄文土の作詞作曲により誕生しました。

○楽曲は、Tunes Core Japanから、Amzon、iTunes、Spotify等で本日以降配信されます。YouTubeでも公開。
♪「ゴーリング!」  https://youtu.be/lfHt63MsEUU
♪「アワーワールド(英語版)」  https://youtu.be/q-BAQHDfKU4
配信・収益金の一部から、世界の様々な困難にある子供たちに、「ゴーリング!アワーワールド」プロジェクトのロゴ入りマスク、グローブ、Tシャツ、ノートなどをチャリティ寄贈予定です。

<ミュージカラーとは>
東洋の創造性を西洋に紹介する「イースト・ディグ(East Dig)」プロジェクトを縄文土と共に展開する米国ロサンゼルス在住の音楽家・喜多嶋修博士(元ランチャーズ、歌手・加山雄三の従兄弟)の長年の音楽経歴から体系化された音および色彩の振動数と波長の理論。
五感に作用する自然界の音と色の周波数の「ミュージカラー(Musicolor)」を通じて世界の人々に、
心と体の「調和(Harmony)」
人と人の「共振(Common Passion)」
自然との「共生(Coexistence)」
をメッセージします。
今回の楽曲 ♪「ゴーリング」♪「アワーワールド」は「ミュージカラー」理論を体感できるよう制作しています。五つの色には、それぞれ同調する周波数の音があり、体や精神に以下のような影響をもたらすと言われています。
「赤」色は396Hz=「ソ」(G)の音と同調し「情熱と自信」
「黄」色は470Hz=「ラ#」(A#)の音と同調し「体力と活性」
「緑」色は528Hz=「ド」(C)の音と同調し「調和と再生」
「青」色は593Hz=「レ」(D)の音と同調し「潤いと疎通」
「黒」色は0Hz(無音)で「落ち着きと安定」

<ロゴマーク・ジャケットについて>
♪「ゴーリング!」のロゴマークは、多様性と調和をテーマに、「ミュージカラー」の五色(赤・黄・青・緑・黒)の重なり合う輪でデザインされ、五大陸=ヨーロッパ、南北アメリカ、アフリカ、アジア、オセアニアを表し、同時に、五つの自然現象=緑は木、青は水、赤は火、黄は砂、黒は土を意味しています。
横断幕のイラストは、スポーツや音楽、ダンス、アート、ビジネスなど様々なフィールドで夢にチャレンジする人の姿をちりばめ、”GO RING! CHALLENGE!”の応援メッセージを込めています。
[画像2: https://prtimes.jp/i/83785/3/resize/d83785-3-40c2bf212eb0c6a30e12-0.jpg ]


♪「アワーワールド」の正方形のイラストデザインは、「未来の地球と子供達」をテーマに、手書き文字で自由にカラフルに思いおもいに生きる事、クリエイティブな夢、国境や争いのない世界をメッセージしています。
[画像3: https://prtimes.jp/i/83785/3/resize/d83785-3-0bb26bf4121a23c6d48e-4.jpg ]


<縄文土/Gens Mondo 作者メッセージ>
1960~70年代、当時私が10代の頃はウッドストックやジョンとヨーコのベッドインなど音楽を起点として「LOVE & PEACE」のスピリットが世界に発信されていました。私はそのスピリットを今の若い人、子供達に伝えたいという想いから音楽・映像・舞台・小説・アートなどの総合芸術のプロデュースを行っています。
今、世界ではCOVID-19の再拡大が懸念されつつある中、昨年南アフリカ、中東に渡りストリートチルドレンや衛生問題、人権問題、環境問題といった生の世界の状況をこの目で見てきました。世界各地で医療格差、教育格差の私にできることは音楽の力で「LOVE & PEACE」に溢れる世界に変えていくこと。多くのアーティスト達と共に世界に、愛と平和と幸福を届ける「Delivering HAPPINESS!」の輪を広げていきます。

<喜多嶋修博士の略歴> 参照URL: https://www.eastquest.com/dr-kitajima.html
1949年神奈川県茅ヶ崎市生まれ。岩倉具視の家系。16歳で「加山雄三とザランチャーズ」のメンバーになり、 日本のロック史上草分け的存在で足跡を残し、慶應大学在学中18歳~20 歳の時に4度英国を訪れ、バリーギブ、ポールロジャース、ニルソン等著名ミュージシャンとの交流を深める。また、一流スタジオの英国流録音技術を学び、帰国後10年遅れていた日本のエンジニアを教導し、その発展に革命的功績を残す。

<縄文土/Gens Mondo 略歴>
[画像4: https://prtimes.jp/i/83785/3/resize/d83785-3-6cfa44ad0168cc3a1c40-5.jpg ]

小説随筆作家・坂口安吾と同じ幼稚園・高校出身の1956年新潟市生まれ。安吾イズムの小説家を目指し、慶應仏文に。学生時代竹内まりあと同じ音楽サークルから3人組コーラスグループ「トロワ」としてRCAレコードでデビュー。コロムビアレコード移籍後、1981年元レイジーの井上俊次とのユニット「ビッグバン」で、♪「愛のコリーダ」日本語版のヒットがある。その後コンピュータメーカーの宣伝部でシカゴ、フランクシナトラなどの外タレの将兵を担当。2012年ロンドン五輪応援ソング♪「君とロンドン」で、約20年振りに自身の音楽活動を再開。日本文化を発信する「サクラ・プロジェクト・ジャパン」を立ち上げ、音楽映像作品『Re:Monde(地球再生)』を2013年第55回グラミー賞公式イベント、MTVアワード公式イベントに出品。
地球環境問題地域のアフリカ、中東、アジア、ヨーロッパ、アメリカなど世界各国を渡り歩き、世界を取り巻く問題を取材しながらその経験を様々なコンテンツに変換して世に送り出す総合芸術プロデューサーとして、その活躍の幅は音楽に留まることなく舞台演出や映画制作、小説といった分野まで多岐に渡る。
2018年、総合芸術劇団「ジェニオ」を旗揚げし、音楽劇『ダディとマザーの軽井沢物語 ヌソムルモンド~僕ら地球人~』を表参道『銕仙会』能舞台で開催。その後ミニミュージカルを複数制作公演。2021年夏、平和讃歌♪『ゴーリング!』と共に、♪『アワーワールド』の2曲を同時発表。2021年末の番組『アワーワールド』を製作中。音楽家ジョンレノンをオマージュした小説「ジョンとヨーコの物語」を出版予定。

<制作関係者>
作詞作曲・プロデューサー:縄文土  http://gensmondo.com/
歌:♪「ゴーリング」縄文土 featuring カプチーノ
  ♪「アワーワールド」ジェニオ / Genio
トランペット演奏:DAISUKE OKUSAWA
トラックメイク:MSG
レコーディングエンジニア:Tomoya Kokubu
録音:四谷スタジオ・チータ http://studio-cheeta.tokyo
ミュージカラー監修:East Quest Songs https://www.eastquest.com
制作:MONDE MUSIQUE合同会社 http://mondemusique.jp/

【本件に関するお問合せ先】
MONDE MUSIQUE合同会社
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-5-5 Plaza西新宿UCF4階
メールアドレス:oba@mondemusique.jp
URL: http://mondemusique.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング