ISUM(アイサム)、ブライダル演出での市販楽曲の適法利用を簡単に実現する

PR TIMES / 2014年4月1日 13時8分

日本初!ワンストップシステムの本運用スタート

「一般社団法人音楽特定利用促進機構」(英語表記:Initiative for Special Uses of Music 略称:ISUM=アイサム)
は、ブライダル演出で利用される楽曲の著作権・著作隣接権の処理をオンライン上で簡単にできる日本初のシステムの
本運用を本日より開始いたします。また、日本を代表する音楽評論家であり、一般社団法人日本作詞家協会の名誉会長
を務める作詞家の湯川れい子氏が当機構の理事に就任しましたことをご報告いたします。



■湯川れい子氏
作詞家、音楽評論家 日本作詩家協会 名誉会長

昭和35年、ジャズ専門誌 『スウィング・ジャーナル』 への投稿が認められ、
ジャズ評論家としてデビュー。早くからエルヴィス・プレスリーやビートルズ
を日本に広めるなど、独自の視点によるポップスの評論・解説を手がけ、世に
国内外の音楽シーンを紹介し続け、今に至る。また、作詞家としても多くの
ヒット曲を手がけている。


以下、本運用にあたり代表理事 アレクサンダー・アブラモフよりのご挨拶となります。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

桜前線の北上が始まり、日本各地から桜のたよりが寄せられる季節となりましたが、皆様におかれましては
益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。

さて、今年1月20日からテスト運用を続けて参りました、私共、一般社団法人音楽特定利用促進機構(英文名称:
Initiative for Special Uses of Music、略称:ISUM=アイサム)が、一般社団法人日本音楽著作権協会(英文
名称:Japanese Society for Rights of Authors, Composers and Publishers、略称:JASRAC)等の著作権管理
事業者、並びに一般社団法人日本レコード協会(英文名称:Recording Industry Association of Japan、略称:
RIAJ)と共に運営する、結婚式等で使用される市販楽曲音源の著作権・著作隣接権の録音録画にかかる権利処理
の手続きを、オンライン上においてワンストップで行うことができるスキームの本格運用が4月1日から開始され
ました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング