未知の脅威やリスクに対する対策を支援『Darktraceアラート分析・監視サービス』の提供を開始

PR TIMES / 2020年10月13日 16時15分

Darktraceが検知したインシデントを、セキュリティエキスパートが分析・監視。未知の脅威やリスクに対する対策を強力にご支援!

S&J株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:三輪 信雄、以下「S&J」)は新たなサービスとして、Darktrace(本社:米国サンフランシスコ、英国ケンブリッジ、最高経営責任者(CEO):ポピー・グスタフソン、以下、ダークトレース)が提供するセキュリティアプライアンス製品「Enterprise Immune System」の『Darktraceアラート分析・監視サービス』の提供を2020年10月13日(火)より開始いたします。
URL: https://www.sandj.co.jp/special/darktrace/



S&J株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:三輪 信雄、以下「S&J」)は新たなサービスとして、Darktrace(本社:米国サンフランシスコ、英国ケンブリッジ、最高経営責任者(CEO):ポピー・グスタフソン、以下、ダークトレース)が提供するセキュリティアプライアンス製品「Enterprise Immune System」の『Darktraceアラート分析・監視サービス』の提供を2020年10月13日(火)より開始いたします。
策を支援いたします。

■Darktraceアラート分析・監視サービスとは
Darktraceの「Enterprise Immune System」は、人間の免疫システムに着想を得た教師なし機械学習を駆使して、ネットワークに関わる個々のユーザー、デバイスの挙動やそれらの関係性を独自のAIが常時学習・可視化することで、ネットワークの普段の状態とは異なる通信を即座に自動検知します。

一方、Darktraceで検知したインシデントに関して「すぐに対応するべきなのか?」「どのように対応するべきか?」などの判断に悩むという相談や、セキュリティレベルを向上させるために監視や分析をお願いしたいという要望をいただくことが増えてきています。

『Darktraceアラート分析・監視サービス』は、Darktraceが発報するアラート内容を確認し、速やかな調査・分析の実施や調査・分析結果をもとに対処方法をアドバイスするサービスで、Darktraceが検知したインシデントを、セキュリティエキスパートが分析・監視を行うことで、企業のセキュリティ対策を支援いたします。

■Darktraceアラート分析・監視サービスの特徴
Darktraceからのアラートを受信した場合、管理画面へVPN接続して調査・分析を実施し、対応が必要な脅威と判定した事象については、対応策を含めたエスカレーションを実施いたします。
機器からのアラートを分析するとともに、アナリストによる調査・分析をDarktraceの管理画面から実施し、インシデントの重大度を判定いたします。

[画像: https://prtimes.jp/i/62785/4/resize/d62785-4-801473-0.png ]


1. アラート分析
機器からのアラートを分析するとともに、アナリストによる調査・分析をDarktraceの管理画面から実施し、インシデントの重大度を判定いたします。
2. インシデント発生時の通知
発生したインシデントの重大度に応じ、予め登録された通知先に「ポータルサイト」から通知いたします。
3. ポータルサイトによる情報提供
弊社へのご連絡及び検知したイベントログのご確認が行える専用のポータルサイトをご提供いたします。
4. 月次レポートの提供
調査・分析・エスカレーションを実施した内容や、アナリストとのやり取りの詳細を記載した月次レポートをポータルサイトからPDFファイル形式で提供いたします。

ご提供価格:月額65万円~
https://www.sandj.co.jp/special/darktrace/
※記載金額は税抜き表示。他のセキュリティ機器との監視も対応可能です。

■Francesca Bowen氏(Global Head of Partnerships)コメント
Darktraceのパートナーシップチームを統括するフランチェスカ・ボウエンは、「新手の攻撃がますます増加し、働き方が急速に変化し続ける中、組織固有のネットワークの生活パターンを常時機械学習し、前代未聞の脅威を自動検知するサイバーAI技術の必要性はこれまでになく高まっています。
世界各国で4,000社以上の顧客に導入されているDarktraceは市場において最も広く導入されているエンタープライズAIであり、進行中のサイバー攻撃をリアルタイムに検知・対処します。
1995年からサイバーセキュリティに専業で取り組んできたS&Jの豊富な知識と経験を生かして、日本市場でのさらなる拡販を進められることを楽しみにしています」と述べています。

■Darktraceアラート分析・監視サービスセミナー開催のお知らせ
『今、求められるゼロトラストとは!多層防御だけでは防げない未知の脅威への対処』
~Darktraceで未知の脅威を炙り出し、インシデントを的確に対処するには~

本セミナーでは事前の設定などが不要で、AIで未知のセキュリティ脅威を自動的に可視化・検知するDarktraceの新機能を含むご紹介と、セキュリティエキスパートによるDarktraceが検知したアラート内容を確認し、速やかな調査・分析の実施や調査・分析結果をもとに対処方法をアドバイスする『Darktraceアラート分析・監視サービス』をご紹介いたします。

▼日程:
2020年10月28日(水) 14:00~14:50
▼視聴方法:Zoomオンライン配信
※お申し込みいただいた方に視聴用URLをご案内いたします。
▼参加費:無料
▼講演者:上原 孝之(S&J株式会社 取締役 コンサルティング事業部事業部長)
▼お申込みページ
https://zoom.us/webinar/register/WN_DNhlYa0PQ_WNoYvfju3Pkw

========================================
■本件に関するお問い合わせについて
https://www.sandj.co.jp/lp/contact/
S&J株式会社 広報担当
TEL: 03-6205-8500
MAIL:pr@sandj.co.jp
========================================
■S&J株式会社について( https://www.sandj.co.jp/
本社 : 105-0033 東京都港区西新橋1-18-17 明産西新橋ビル8階
設立日 : 2008年11月7日
資本金 : 4,865万円
代表者 : 代表取締役 三輪 信雄(みわ のぶお)
事業内容 : サイバー攻撃対策システムの開発及び運用、サイバー攻撃監視やセキュリティ診断、コンサルティング、インシデント対応などのサービス提供。
(S&Jは、自社開発の運用システム「SOC Engine(R)」により、効率的・効果的なセキュリティ運用サービスを提供しています。)

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング