メール共有ソフト「問いマネ」、ハードウェアの性能を大幅増強 "基盤システム刷新"で更なる拡張が可能に

PR TIMES / 2012年7月3日 16時3分

ASPサービス(※注1)の導入実績20,000社を誇るASPインターネット株式会社(本社:福岡県福岡市中央区、代表取締役社長:佐藤栄洋)は、本日2012年7月3日(火)、メール共有ASP「問いマネ」のハードウェアの増強、基盤システムの刷新を行いました。

「問いマネ」では、サービス開始以来7年間、現在までユーザー様の数が増加を続けており、システムのご利用頻度や使用容量も当初より大幅に増えたことでレスポンスが劣化し、ユーザー様より画面操作の快適さについて、改善のご要望をいただいておりました。また、レスポンスの高速化と共に、ユーザー様からいただく貴重な数々のリクエストに今後も迅速に対応していくためには、将来的な機能拡張を可能にするシステムへの刷新が必要だという結論に至り、このたびシステムの根本的な見直しを実施いたしました。

今回の対応内容は以下の通りです。

【対応内容】

◇ハードウェアの大増強
─────────────
ユーザー様の増加と機能拡張を考慮の上、システムの安定性の向上と高速化を実現するため、最新のハードウェアの導入、新システムに適したサーバー構成に対応いたしました。

◇基盤システムの刷新
─────────────
基本機能の大幅な見直しにより、より高い安定性と高速化実現のための対応を行い、将来的に大規模かつ柔軟な機能拡張目指します。今後も更なるシステム拡張を行います。

◇メールのリアルタイム取込
─────────────
上述の基盤システムの刷新に伴い、第一弾の新機能としてユーザー様からの要望が特に多かったメールのリアルタイム受信に対応いたしました。


今回「問いマネ」が、ユーザー様のニーズに柔軟に対応できるシステムへと刷新したことに伴い、メールのリアルタイム受信が可能となりました。メールの取り込みが即座に行われるようになったことで、問いマネ上でメール確認を行うまでの時間が短縮でき、今までよりスピーディなお問合せ対応を実現します。

「問いマネ」では今後、現在すでにある機能の1つ1つの操作の快適さと同時に、新しい機能についても積極的に開発を行い、よりユーザー様満足度の高いサービスとなれることを目指します。


----------------------------------------------------------------------
◆メール共有ソフト「問いマネ」とは?

企業で扱う多数のメールを、複数人で共有し専用の管理画面で一元管理できる、
メール対応に特化したメール共有ソフトです。
専用のアドレスに転送するだけで簡単に導入でき、低料金のため、小規模な会社
や個人の方にも幅広く利用されています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング