NPO法人にじいろクレヨンとともに石巻の子どもたちの心のサポート~スマイルプロジェクト第2弾

PR TIMES / 2012年3月7日 15時49分



 フューチャー イノベーション フォーラム
(略称:FIF、代表:牛尾治朗・ウシオ電機株式会社会長、
金丸恭文・フューチャーアーキテクト株式会社会長兼社長)は、
NPO法人にじいろクレヨン(事務所:宮城県石巻市、代表:柴田
滋紀、旧称:石巻こども避難所クラブ)の活動に協力する
石巻ボランティアツアー「スマイルプロジェクト第2弾」を
2012年3月30日より開始いたします。

 今回協力するNPO法人にじいろクレヨンは、自身の被災体験を
もとに代表の柴田滋紀氏が中心となり起ち上げた団体です。
東日本大震災直後から避難所にて子どもたちの心のサポートを
主眼としたスポーツやお絵かき、読み聞かせなどのレクリエー
ション活動を開始し、現在はおもに仮設住宅で暮らす子どもたちを対象に
活動を継続しています。
2011年12月末には累計約570回の活動を実施し、参加した子どもたちは
のべ約10,000人にのぼります。昨年夏にはFIFも活動に参加協力した
ことから今回のプロジェクトに至りました。
 「スマイルプロジェクト第2弾」ではFIFの幹事会社であるフューチャー
アーキテクト株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:金丸恭文)
の社員が定期的に石巻を訪問します。現在でも震災のトラウマで小さな物音に
必要以上に怯えたり、安心して遊ぶ環境にない子どもたちのために、にじいろ
クレヨンのスタッフとともに仮設住宅を訪問し、子どもたちの心のサポートを
目的にしたレクリエーション活動を行ってまいります。
また、今後はこの活動をFIF会員※の方々にも展開していく予定です。

 FIFは「子どもたちの笑顔で東北を元気に」をコンセプトに復興支援活動
「スマイルプロジェクト」を行っています。第1弾は、2011年6月からNPO法人
東北の造形作家を支援する会とともに石巻市内の避難所等でアートワーク
ショップを実施し、8月にその集大成として作品展示やアートワークショップを
体験する復興支援企画展を仙台市で開催しました。石巻市の親子を招待したほか、
3日間で800名を超える方々に来場いただきました。
 今後もFIFは継続して「スマイルプロジェクト」を推進してまいります。

※FIFは2006年に発足した団体で、フューチャーアーキテクト株式会社
(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:金丸恭文)を幹事会社に、
約750の協力企業・団体とその社員約1,200名でつくる会員組織です。
これまで多くの企業と協力し、職業体験や出張授業などを行っており、
昨年からは復興支援にも力を入れています。当フォーラムの活動につきましては、
下記をご覧ください。
公式サイト: http://fif.jp/ キッズ&ユース向けサイト: http://fif.jp/kids/

実施時期:2012年3月~12月
実施頻度:毎月1回を予定 ※初回は2012年3月30日~31日
訪問先:石巻市内仮設住宅
派遣人数:のべ40人程度
内容:1泊2日ボランティアツアー
石巻市内の仮設住宅で子どもたちを対象としたレクリエーション活動を行います。
震災を記憶し復興のあゆみを見守るため、石巻市内を視察し、写真で記録を残していきます。
※現地訪問の様子はfacebookにて発信していきます。
 URL: http://www.facebook.com/fif.2006


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング