『リプトン×サラサクリップ』 9月19日(木)数量限定発売

PR TIMES / 2013年8月29日 14時23分

- 爽やかなアイスティーの香りつきのボールペン-

ゼブラ株式会社(本社:東京都新宿区/代表取締役社長:石川 真一)は、世界の茶のブランド「リプトン」とコラボし、紙パックアイスティー10フレーバーの香りをインクにつけたジェルボールペン『リプトン×サラサクリップ』を2013年9月19日(木)より全国の文具取扱店にて発売します。



『サラサクリップ』は、2003年の発売以来、耐水性に優れた水性顔料であるジェルインクの特性を活かした、濃くてにじまない鮮やかな発色と、さらさらした書き心地のボールペンとして人気を博しています。
今年、その発売10周年を記念した限定発売シリーズ第4弾が、リプトンとスペシャルコラボした『リプトン×サラサクリップ』です。

リプトンの紙パックアイスティー10フレーバーの香りを再現した香料をインクに配合。香料は計100種以上を試作し、紙パックアイスティーのフレーバーそのものの香りに近づけました。インクの色もそれぞれのアイスティーのイメージに合わせて10色あります。

軸にはリプトンの紙パックのデザインをプリントし、リプトンのロゴを大きく配しています。これまでの『サラサクリップ』には採用していないクリアカラーのクリップにし、アイスティーのみずみずしさを表現しています。書いて香って、リッチなティータイム気分を味わえるボールペンです。
ターゲットは10~20代の女性です。


【補足】

サラサクリップについて
『サラサクリップ』は、濃くてにじまず、鮮やかな発色とさらさらしたなめらかな書き心地のジェルボールペンです。可動式バインダークリップは、厚みのあるボード等にもはさめ、クリップ折れを軽減することができます。定番品は105円(本体100円)というお求めやすい価格ながら、0.3~1.0mmまでのボール径と、全29色という色数を揃え、手帳やノート、メモ書き、宛名書きなどさまざまな用途に対応可能になっています。
発売10周年を記念して、2013年1月に『サラサクリップ ヒョウ柄』を、2月に『サラサクリップ スウィーツパーティー』を、7月に『サラサクリップ ピンクシリーズ』を発売し、『リプトン×サラサクリップ』は第4弾の製品となります。


リプトンと、リプトンの紙パック飲料について

多くの国で愛される 世界の茶のブランド リプトン
「茶園から直接ティーポットへ」をスローガンに、世界中に紅茶を広めてきたリプトン。今では100カ国以上の国々でリプトンのお茶が楽しまれています。
ブランドの歴史は古く、紅茶が本格的に出回るようになっていた19世紀末、トーマス・J・リプトンが品質の安定した紅茶を手軽な価格で人々に提供しようとしたのが始まりでした。彼は、セイロンの広大な茶園を買い取り、茶樹の栽培から生産まで一貫して行うことでその理想を実現。「茶園から直接ティーポットへ」というスローガンもこのときに生まれました。その信念は、今のリプトンにも深く根付いており、高品質でおいしいお茶を人々に提供するために、自社内で特別なトレーニングを受けた「ティーエキスパート」という茶の専門家によって茶葉を厳選しています。
厳選された茶葉を使用したリプトン紙パックアイスティーは、製造から運搬、販売まで冷蔵状態で管理されています。そのため、茶本来の味や風味を損なわず、人々においしいアイスティーをお届けしています。
 

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング