ヘイズ、コミュニケーション能力についてコメントを発表

PR TIMES / 2013年3月12日 14時25分

『ヘイズ・ジャーナル』第4号より

【東京2013 年3月12日】人材紹介会社のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、リージョナル・ディレクター、ジョナサン・サンプソン、以下ヘイズ・ジャパン) は、先に発表した同社の人事専門誌『ヘイズ・ジャーナル』第4号より、コミュニケーション能力についてコメントを発表しました。

インターネットの発達により、ビジネスや個人生活で人と「つながる」機会は大幅に増えましたが、人が直接会ってコミュニケーションをとる事の大切さを忘れてはいけません。

同ジャーナルでは、批評家の見解として、テクノロジーの発達によって、人々は外部とのネットワーキングや社内の同僚などとのコミュニケーションにおいても対人能力(ソフト・スキル)が低下していると説明しています。

ヘイズ・ジャパンのリージョナル・ディレクター、ジョナサン・サンプソンは次のように述べています。「技術の進歩によりオンラインで人とつながるさまざまな方法が可能となったことでリアルで、ターゲットをしぼったビジネスのチャンスを得ることができるようになりました。また、世界中の膨大な情報に簡単に手が届くことも大きなメリットです」。

「インターネットは、単に人と人をつなぎ、その輪を広げる新しい手法に留まらず、現在では、新しい発想や多くの分野の専門家の知識をユーザー・コミュニティ全体で共有できるウェブ上のクラウド・ソーシング・サイトなどの構築が進んでいます」。

「ほとんどのビジネス・コミュニケーションがオンラインで行われるようになったことで、直接人と関わり得られるダイナミックで温かい関係が失われ、自信のない活力を失った社員が増えてきているようです。知識優先の社会においては、人と人が直接コミュニケーションをとらないことはリスクを意味します」。

「メールは人と直接コミュニケーションをとるとは言えず、社員のソフト・スキルの向上を図れば企業にもメリットがあります。社員が、対人やオンライン・コミュニケーションをさらに有効に行えるよう企業が支援する必要があり、特に日本ではこれが重要と言えます」。

「メールのやりとりのみで孤立してしまった社員は、企業の競争力の観点で脅威となる可能性があることから、そのような社員にネットワーキングの研修を実施することは、企業、社員双方にとってメリットとなります」。

テクノロジーを使ったネットワーキングはスターティングポイントとしては良いでしょうが、ビジネスを行ううえでは人間関係は個人的なつながりで結ばれていることを認識してください。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング