1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

日本初のクラウド会議改善サービス「SmartMeeting」がリニューアル

PR TIMES / 2021年8月31日 19時15分

~ 会議の生産性向上支援を通じ、企業の成長を後押し ~

株式会社SmartMeeting(本社:東京都港区、代表取締役:宮田 昇始)は、コロナ禍で深刻化する会議の生産性向上を支援するため、クラウド会議改善サービス「SmartMeeting(スマートミーティング)」のリニューアルを行います。



[画像1: https://prtimes.jp/i/46395/5/resize/d46395-5-a64889f30456b4164320-0.jpg ]


■ リニューアルの背景
2020年12月に発表されたコロナ禍における会議の課題調査(※)によると「1回あたりの会議時間が長い」「結論が出ない会議が多い」「開催するまでのない会議」が会議課題の上位となっています。また「対面でできない分Web会議が全体的に増えて、通常業務を圧迫してしまう」「場所移動や会議室の予約が不要になった分、会議予定が詰め込まれてしまう」という意見もみられました。

社会変化の早い時代、企業として成長を維持していくためには素早い判断・対応が求められており、そのために会議の生産性を上げることは企業成長において必要不可欠です。しかし、現実的な解決策が見つかっておらず、企業成長における大きな課題として各社頭を抱えている状況があります。

SmartMeetingはこれまで600社を超える企業様のインタビューを元にプロダクトの開発・改善を行い、サービス提供を通じて、導入企業様の「無駄な会議をなくすこと」を支援してまいりました。この度、いただいた声や社会背景をもとに、「無駄な会議をなくすこと」よりも「会議の生産性を向上させること」を重視し、リニューアルすることになりました。

※出展 : キーマンズネット(2020年)「会議の実施状況」に関する調査
https://www.keyman.or.jp/kn/articles/2101/07/news030.html#cxrecs_s

■ リニューアル版SmartMeetingのサービス概要
リニューアル後は、会議の生産性向上の支援に向けて、「社歴・役職問わず誰もがアクション・成果につながる会議の実現」や「会議データの分析から組織の生産性向上・全社的な会議改善に貢献」いたします。
具体的には、会議に特化した議事録を起点に、適切な事前準備・目的を達成しやすい議論・資産価値の高い議事録作成といった体験を提供し、導入企業様の会議の価値を最大化します。

SmartMeetingのサービスサイト : https://www.smart-meeting.jp/

■ 会議の生産性向上を支援する機能・サービス
リニューアルによって新規実装する機能・提供サービスの一部をご紹介します。

< 会議に特化したフォーマット >
SmartMeetingの議事録のフォーマットはアジェンダごとに「目的」「事前準備」「会議メモ」「決定事項」の4項目が整理されています。議論の脱線を防ぎ、目的に沿った議論・会議の進行や、要点を押さえた振り返りが可能です。 会議の種類に合わせたテンプレートの選択や、過去の議事録の引用が簡単なため、特に社内の定例会議の準備を効率化できます。また、複数人の共同編集にも対応しているため、議事録作成の工数削減も可能です。
[画像2: https://prtimes.jp/i/46395/5/resize/d46395-5-3dccbff200086c243e3e-7.jpg ]

会議に特化したフォーマット

< 関心のある議事録フォロー >
任意の「会議の参加者」や「議事録のタグ」をフォローしておくことで、関心のある会議の議事録を一覧化することができます。また自分が参加していない会議であっても「部下のAさんが参加した会議」や「プロジェクトBの会議」といった、関心のある議事録をSlackやメールで通知を受け取れるため、もれなく・簡単にキャッチアップできます。特に、リモートワークによりオンライン会議が増え、自分が参加していない会議の内容が把握できなくなってしまった方に効果的な機能です。
[画像3: https://prtimes.jp/i/46395/5/resize/d46395-5-c73d667443d20575113f-6.jpg ]

フォロー対象の議事録をSlackやメールで通知

< データを活用した会議改善 >
会議データの分析を行い、範的な会議・改善すべき会議を特定することで、会議改善や組織の生産性向上を支援します。「会議前に準備ができているか」「会議時間内に結論が出せたか」など会議に関連したデータを蓄積・活用することで「Aさんが進行した会議は、 いつも時間内に結論が出せている」ことや、一方「Bチームが行っている会議は事前準備がされないまま会議がスタートしてしまっていることが多い」ことがわかります。
[画像4: https://prtimes.jp/i/46395/5/resize/d46395-5-43ae1c35931310c507b1-4.jpg ]

会議データの可視化の例

< 今後実装される機能(年内の提供開始を予定) >
・議事録のMarkdown・PDF書き出し
・会議で決まったタスクの管理・リマインド通知
・会議で決まったタスクの自動書き出し ( Asana、Trello など )
・ファシリテーター支援 ( タイムキーパーなど )
・参加者役割
・日程調整

■「SmartMeeting」リニューアル記念キャンペーン
期間中に新規でご契約いただいたお客さまを対象に、初期導入費用を0円でご提供いたします。

<期間>
・2021年8月31日(火) ~ 2021年9月30日(木) (状況により変更する場合あり)

<条件>
・2021年9月30日(木)までにご契約いただけること
・最低1年間のご契約をいただくこと
・新規のご契約であること
・導入事例へのご協力・ロゴのご提供をいただけること

■ SmartMeetingの今後の展望
今後は営業・マーケティング・エンジニア・デザイナーが使用する各種タスク管理ツールとの連携や、効率的な会議の進行をサポートする機能開発などに取り組んでまいります。
また、会議データの取得項目を増やし、さらなる組織的な会議の生産性向上を支援いたします。
これからもSmartMeetingは、働く中で多くの人が課題を抱える「会議」を改善し、生産性の高い会議を増やすことで企業成長に貢献できるサービスの提供を目指します。

■ 会社概要
企業名:株式会社SmartMeeting
所在地:東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー
代表者:代表取締役 宮田 昇始
事業内容:クラウド会議改善サービス「SmartMeeting」の企画・開発・運営・販売
企業URL: https://smart-meeting.co.jp/
※掲載されている製品名、会社名、サービス名は各社の商標または登録商標です。
※記載情報は、発表日現在のものです。情報は予告なしに変更されることがありますので、 あらかじめご了承ください。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング