AED導入10年目「減らせ突然死プロジェクト」とメドピアの共同調査 医師対象に寄付つきアンケート『AED啓発・普及促進案』の募集開始

PR TIMES / 2014年8月25日 15時31分

回答者1名につきメドピアより100円を寄付し、AEDの啓発・普及活動をサポート

医師7万人以上が参加する医師専用サイト「MedPeer」(メドピア、https://medpeer.jp/)を運営するメドピア株式会社<東京都渋谷区、代表 石見陽(医師)>は、メドピアが協賛をする「減らせ突然死プロジェクト」(http://aed-project.jp/、実行委員会委員長 三田村秀雄(国家公務員共済組合連合会 立川病院 院長)と共同で、医師を対象に『AED啓発・普及促進案の募集』を開始しましたので、お知らせいたします。

同募集は、医師専用サイト「MedPeer」内において、2014年8月25日から同年9月1日まで、回答を受け付けるものです。医師より寄せられた「AED啓発・普及促進案」(回答内容)は、AEDの啓発・普及活動のサポートを目的に「減らせ突然死プロジェクト」へ提供されるとともに、回答者1名につき100円の寄付金を、メドピア株式会社より「減らせ突然死プロジェクト」へ贈呈します。

メドピア株式会社は、「減らせ突然死プロジェクト」の協賛企業として、運営サイト「MedPeer」を通じた会員医師の知見の活用や、告知活動・寄付活動等を通じ、AEDの普及活動をサポートします。

<回答方法> ※応募(回答)は医師限定です
下記URLから「MedPeer」へログインのうえ、該当アンケート(ポスティング調査)へお進みください。
【医師限定】「AED啓発・普及促進案」回答ページ
https://medpeer.jp/s/1408AED2※ログイン(回答)には、MedPeer会員登録が必要です。

<募集文面>
AEDを一般市民が使用できるようになって、ちょうど10年になります。
その間に我が国は、世界でも最もAED設置台数が多い国のひとつとなりました。しかし、市民による心肺蘇生実
施率、AED使用率は伸び悩んでいるのが現状です。
そこで、現役医師の先生方にご質問です。市民による心肺蘇生実施率・AED使用率を向上させ、街に設置されたAEDを有効活用するためのもっとも効果的な方策は何でしょうか?下記の選択肢から、お考えに近いものを1つお選びください。 (以下略)

<調査概要>
・調査方法:医師専用サイト「MedPeer」内において、会員医師を対象に実施
・調査対象:日本における医師免許保有者
・調査期間:2014年8月25日~同年9月1日
・調査機関:メドピア株式会社
・その他:当調査は、社会貢献活動の一環として実施されます。医師が回答を寄せることで、以下2つの貢献につながります。
【1】回答数に応じた寄付金(回答者数×100年)を、「減らせ突然死プロジェクト」に、寄付します(寄付金はメドピア株式会社より拠出)
【2】回答内容(コメント)を、今後の施策立案の参考のため、「減らせ突然死プロジェクト」へ提供します(回答内容は、匿名化されます)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング