『街コン協会 ジャパン本部』を設立し、安心・安全な街コンを世界に普及

PR TIMES / 2012年11月22日 19時58分

「街コン」の命名者が代表を務め、日本最大の街コン情報ポータルサイト「街コンジャパン」を運営する株式会社リンクバル(東京都中央区、代表取締役CEO吉弘 和正)は、日本国内のみならず、世界にも街コンを普及させていく一環として、全国各地の街コン主催者と連携して『街コン協会 ジャパン本部』(http://machicon.org)を設立しました。



■街コン協会 ジャパン本部(http://machicon.org)とは
-----------------------------------------------------------------------------
街コンは、2012年に急増し全国的に普及しましたが、今後、日本が誇れるコンテンツとして、世界にも街コンを普及させていく一環として、『街コン協会 ジャパン本部』を設立しました。また、日本国内におきましても、安心・安全な街コンの開催と街コン参加者の満足度向上を目的に、街コンの主催者を集めた主催者会議・勉強会・セミナーなどを定期的開催し、更なる街コンの普及に努めてまいります。
また、街コン協会 ジャパン本部の設立に際し、全国で100を超える「街コン」団体や企業に賛同し
て頂いております。
-----------------------------------------------------------------------------


■街コン協会 ジャパン本部 「認定マーク」とは

-----------------------------------------------------------------------------

街コンは、2012年10月時点で、東京・大阪を中心に全国で1000開催以上になるまで普及しました。 
これまでに培ってきた開催経験を基に、街コン協会 ジャパン本部が定める「安心」「安全」「信頼」「地域と街の活性」を中心とした10箇条を制定し、その項目を満たす街コンを街コン協会 ジャパン本部「認定街コン」と認定します。
-----------------------------------------------------------------------------


■街コン協会 ジャパン本部 「認定返金保証制度」とは
-----------------------------------------------------------------------------
街コン協会 ジャパン本部の認定マークの付いた街コンが開催されなかった場合、街コン協会 ジャパン本部が主催者に代わって参加費をお支払いされた方に返金をする制度です。返金の対象となるのは、下記の要件を全て満たす場合となります。
1) 街コン協会 ジャパン本部の「認定返金保証」のマークがある場合
2) 予定されていた開催日から60日以内に 参加者が支払い証拠を提出した場合
3) 街コン協会 ジャパン本部が、街コンが開催されなかったことを確認できる場合
4) 街コンが開催されなかったにもかかわらず、街コンの主催者から開催予定日30日を過ぎても参加費の返金がされないことが明白な場合
-----------------------------------------------------------------------------

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング