1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンに2014年後半オープン予定 『ハリー・ポッター』のテーマパークをモチーフにデザインされた新ラッピング列車 2013年2月1日(金)よりJRゆめ咲線で運行スタート

PR TIMES / 2013年1月31日 9時43分

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンへのアクセスに便利なJRゆめ咲線(西九条~ユニバーサルシティ~桜島)に、新しいデザインの列車が2013年2月1日(金)に登場します。デザインは、2014年後半にオープンする『ハリー・ポッター』のテーマパークThe Wizarding World of Harry Potterをモチーフにしており、そのランドマークとなるホグワーツ城と大人気のハリー、ハーマイオニー、ロンの3人が描かれています。西日本旅客鉄道株式会社(以下JR西日本)とユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、この新ラッピング列車の導入によって、『ハリー・ポッター』のテーマパークのオープンに向けて皆さまの期待を高めてまいります。



このラッピング列車の運行開始を皮切りに、今後もJR西日本とユニバーサル・スタジオ・ジャパンの両社はさまざまな取り組みを行ってまいります。これまで以上に多くの皆さまがJRを利用して大阪に訪れることで、関西経済の活性化、ひいては日本全体の経済の活性化を目指したいと考えています。


『ハリー・ポッター』のテーマパーク、The Wizarding World of Harry Potterについて:
『ハリー・ポッター』のテーマパークでは、人々を魅了してやまないJ.K.ローリングの描いたストーリーや登場人物に命を吹き込み、驚きと感動、興奮と冒険に満ちた『ハリー・ポッター』の世界をそのままに体験できます。


『ハリー・ポッター』について:
『ハリー・ポッター』は現在でも、世界的に社会現象であり続けています。全世界で70以上の言語に翻訳され、小説全7作が世界で約4億5000万部売れています。ワーナー・ブラザーズ・ピクチャーズによって製作された映画シリーズでは世界で77億ドルを超える興行収入をあげており、史上最高の記録を打ち立てました。日本だけでも映画の観客動員数は7,800万人を超えました。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンについて:
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは『ハリー・ポッター』のテーマパークThe Wizarding World of Harry Potterを2014年後半、米国外で初めてオープンします。「世界最高を、お届けしたい。」というユニバーサル・スタジオ・ジャパンの理念を実現するべく、総投資額450億円をかけて、『ハリー・ポッター』の世界に命を吹き込み、隅から隅に至るまで徹底的に本物にこだわりぬき、ファンが本で読み、映画で見たのと同じハリー・ポッターの魔法の世界を実現します。

ユニバーサル・パークス&リゾーツについて:
ユニバーサル・パークス&リゾーツ(UPR)は、コムキャスト・コーポレーション傘下にあるNBCユニバーサルの一部で、3度のアカデミー受賞者であるスティーブン・スピルバーグをクリエイティブコンサルタントに迎え、最もスリルがあり、技術的に進歩していることで知られる「ライド・ザ・ムービー」という映画およびテレビ番組に基づいた世界中のアトラクションを監督しています。
さらに、NBCユニバーサルは、ニュース、スポーツ、エンターテイメントに至るまでの重要な資産を所有し、運営しています。その中には、トップ映画会社であるユニバーサル・スタジオ、重要なテレビ制作運営、大手テレビ局グループが含まれています。NBCユニバーサルは51%をコムキャスト、49%をゼネラル・エレクトリックによって所有されています。

ワーナー・ブラザーズ・コンシューマー・プロダクツについて:
ワーナー・ブラザーズ・コンシューマー・プロダクツ、ワーナー・ブラザーズ・エンターテインメント・カンパニーは、ライセンシングおよび小売マーチャンダイジングにおける世界有数の組織のひとつです。


HARRY POTTER, characters, names and related indicia are trademarks of and (C)Warner Bros. Entertainment Inc.
Harry Potter Publishing Rights (C) JKR.
(s13)
(C) & (R) Universal Studios. All rights reserved.

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング