伊・アルカンターラ、イタリア国立21世紀美術館(MAXXI)とのコラボレーション企画『PLAYFUL INTER-ACTION』展示会 11月12日に開幕

PR TIMES / 2013年11月15日 15時6分

デザイン作品が観衆/プレーヤーのためのインタラクティブゲームに



【イタリア・ローマ発】イタリアの高級カバーリング素材メーカーのアルカンターラ社(本社:ミラノ)とイタリア国立21世紀美術館(以下MAXXI)のコラボレーション企画、Alcantara-MAXXIの第3回となる『PLAYFUL INTER-ACTION』展示会が12日に開幕しました。


このコラボは、現代のクリエイティブによる新しい表現を探ることを目的に2011年に初めて開催され、今年で3回目を迎えるコラボレーション企画です。今回の展示会『PLAYFUL INTER-ACTION』(開催場所:イタリア国立21世紀美術館(MAXXI)/スカルパ・ルーム、開催期間:2013年11月12日~2014年1月5日)では、これまでも知られていながらあまり探究されてこなかった側面、素材としてのアルカンターラの繊細な多感覚性に迫ります。本展示会の目的はまさに、すでに日常生活の一部となっているアルカンターラという素材の特別な性質を、現実に体感できる方法で表現することにあります。


今回の展示制作を依頼されたのは、すでにインタラクティブ・デザインの世界で定評と名声を得ている2つのクリエイティブ・グループ、ファブリカとスタジオ・ミナーレ・マエダです。キュレーターであるジュリオ・カッペリーニ(アルカンターラ社アートディレクター)とドミティラ・ダルディ(MAXXI 設計デザイン・キュレーター)が両グループを招いた理由は、彼らがいわゆる「リレーションデザイン」の先駆者であるからです。インタラクティブ性は今回の展示会のメインテーマであり、触覚と視覚、触覚と聴覚、触覚と嗅覚の連携により、観衆がアルカンターラに触れたり、見たりするだけでなく、聞いたり嗅いだりという体験もできるのです。


【本企画のキュレーター、ジュリオ・カッペリーニとドミティラ・ダルディ】

2011年の『Can You Imagine?』、2012年の『Shape Your Life!』が成功した後、今回3度目のAlcantara-MAXXI プロジェクトでは、2人のキュレーターが素材の本質にまっすぐに迫る道を選びました。キュレーターのジュリオ・カッペリーニとドミティラ・ダルディは次のように述べています。「2つのデザイナー・グループには、まず触覚と視覚に始まり、他の可能性の探求へとつながる多感覚的体験を引き起こす作品を作るよう依頼しました。その結果生まれるのは一種の共感覚です。この共感覚を得るためには、観衆の貢献が不可欠です――観衆と作品とのインターアクションは作品の一部であり、他者の関与によってはじめて存在する作品なのです」ファブリカの制作した2つのインスタレーション作品「Pendulums(振り子)」と「Shiver(ふるえ)」は、音と光を扱ったもので、観衆が作品にさわることでインターアクション(相互作用)が始まります。スタジオ・ミナーレ・マエダの2人の作品「Essences, Compounds, Particles(エッセンス・結合・分子)」は嗅覚の世界を扱っており、観衆/プレーヤーは新しい形や香りを作り出すことになります。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング