【スキル、経験がなくても副業ができる!?あすなろ投資顧問が副業に関して1,113人徹底調査】副業は「●●」で始める!?その情報ルーツとは…?

PR TIMES / 2019年10月23日 16時45分

創業15年目の株式投資助言を行う投資顧問サイト、株式会社あすなろ



近年、働き方改革の影響からか副業を容認している企業が増えています。

実際に、厚生労働省が作成している「モデル就業規則」の中には、2018年1月の改定で副業や兼業を認めるガイドライン(( https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11200000-Roudoukijunkyoku/0000192844.pdf))が記述されました。
副業可能な企業が増えていく中で、どのように副業を始めどのように情報収集しているのか気になりますよね。

そこで今回、株式会社あすなろ( https://1376partners.com/lp?ad=prtimes)は20代~80代の男女を対象に、「副業」に関する調査を行いました。

将来の生活が不安で副業に挑戦してみたい方や、実際の副業傾向を知りたいという方は、ぜひ参考にしてください。

================================
【調査概要】
調査名 :「副業」に関する調査
調査対象:働いている20~80代の男女
調査人数:1,113人
調査日 :2019年10月15日(火)
調査方法:インターネット調査
モニター提供元:ゼネラルリサーチ
================================


容認企業は年々増加、3割超えという結果に


[画像1: https://prtimes.jp/i/40883/8/resize/d40883-8-676664-6.jpg ]


まず、「現在勤めている会社は副業をしてもOKですか?」という質問をしたところ、『はい』という回答は36.3%、『いいえ』という回答は63.7%という結果になりました。

本業に支障が出ないことが前提ではあるものの、副業を認めている会社は意外にも存在します。

「2019年4月の働き方改革関連法を踏まえ、副業が解禁になった。人手不足を背景とした、ダブルワークや残業規制による、個人の収入減を補い個人の収入をアップさせる狙いがある。これを踏まえ今後副業解禁を導入する企業は益々増えてくると思われる。」と元厚生労働省OBで現在はヒューマンリスクマネジメント代表の田岡春幸氏は語ります。



副業している方の3割以上が株式投資を行っていると判明

続いて、「副業をしていますか?」という質問をしたところ、『している』という回答は約2割という結果が出ました。副業解禁している企業は増えてはいるものの、実際に副業している方は少ないようです。

[画像2: https://prtimes.jp/i/40883/8/resize/d40883-8-660194-7.jpg ]


では、副業をしている方はどのような副業をしているのでしょうか。


次に、副業をしている方を対象に、「どのような副業をしていますか?」という質問をしたところ、『株式投資(31.4%)』という回答が最も多く、次いで『ライターやアフィリエイター(18.2%)』『YouTuber(7.3%)』となりました。

意外にも資産運用を副業としている方が多いことが判明しました。スキル、経験がなくても気軽に始められるのがポイントなのかもしれませんね。


副業を始めたきっかけは●●だった!?


[画像3: https://prtimes.jp/i/40883/8/resize/d40883-8-939771-8.jpg ]


「副業を始めたきっかけを教えてください。」という質問をしたところ、『なんとなく(40.5%)』という回答が最も多く、次いで『知人の紹介(31.8%)』『広告を見て(21.8%)』と続きました。

自分から狙って動いたというよりは、興味本位で始めている方が多いようです。

パソコンやインターネットが普及した今、どこからでも情報を仕入れることが可能になりました。
その結果、「なんとなく」始めた投資やライター・アフィリエイトが、お金になりそのまま副業にしてしまっているのではないでしょうか。


副業の開始に踏み切れていない理由とは…!?エピソードを一挙大公開!

副業をしていない方は、もし副業を始めるとしたらどのようなことに挑戦してみたいのでしょうか。

そこで、「副業を始めるとしたらどのようなことに挑戦したいですか?」と質問したところ、『副業は考えていない(61.0%)』という回答が最も多く、次いで『株式投資(20.0%)』『ライターやアフィリエイター(7.9%)』という結果になりました。

副業を考えていない方が多く集まる結果となりましたが、 もし副業するのなら「株式投資」 を選択している方が多いようです。

■副業の開始に踏み切れない理由とは…!?
・「仕事と副業の両立がうまくできる自信がない 」(東京都/30代/女性)
・「何から始めればいいか分からない…」(千葉県/40代/女性)
・「成功する予感がしない」(東京都/40代/女性)
・「副業を開始する知識・技術もないし、怖い」(大阪府/50代/男性)


副業に関する情報収集はWEBと知人が8割を占める結果に

これから副業が当たり前になっていく時代で特に気をつけたいのが、情報の見極めではないでしょうか?
誤った情報によって詐欺に合ってしまうケースも少なくありません。

副業開始に踏み切れない方の声にもあったように、副業に対して「怖い」というイメージを持っている方もいます。
実際に、どのようにして”正しい情報”や”信頼しても良い情報”を収集すればいいのか、気になりますよね。

[画像4: https://prtimes.jp/i/40883/8/resize/d40883-8-599964-9.jpg ]


そこで、「副業に関する情報収集はどのように行っていますか?」と質問したところ、『WEB(54.1%)』と回答した方の割合が最も多く、次いで『知人(26.8%)』『SNS(7.3%)』『セミナー(2.7%)』と続きました。
副業をしている方はSNSの情報をあまり信頼していないと言えそうですね。

WEBからの情報やその分野に詳しい知人の知識を参考に副業を行っているようです。
また、ライターやアフィリエイトよりも、情報が整っていれば、株式投資などの資産運用に興味・関心が高いことが判明しました。


4割以上の方が資産運用を副業として検討していると判明!


[画像5: https://prtimes.jp/i/40883/8/resize/d40883-8-462925-10.jpg ]


最後に、「副業として資産運用という選択肢を検討しますか?」という質問をしたところ、4割以上の方が『はい』と回答しました。

資産運用は、本業以外の収入源がほしい方や今ある資産を増やしたい方におすすめな手段の一つです。

ライターやアフィリエイターの場合、作業の時間に追われてしまうことが考えられます。
資産運用の場合、本業に支障が出にくいというのも魅力的なポイントの一つです。

投資という賢い方法で副業を検討している方はこれからも増加していくでしょう。


正しい情報で資産運用する方を応援する。株式会社あすなろ



[画像6: https://prtimes.jp/i/40883/8/resize/d40883-8-175645-11.png ]

元厚生労働省OBの田岡氏のコメントでもあったように、今後副業解禁を導入する企業は増えてくるようです。
しかし、SNSが発達している現代社会において、何が本当で何が嘘なのか見極めることができずに悩んでいる方も多いでしょう。

そこでオススメなのが、株式投資助言を行う投資顧問サイト『あすなろ投資顧問( https://1376partners.com/lp?ad=prtimes)』です。

銘柄発掘・銘柄相談など目的に合わせて自由にご利用可能で、どれも投資勝率アップが期待できるラインナップ。
株式投資における初心者・個人投資家はもちろん、機関投資家やプロまで、誰でもご利用いただける株式情報を発信しています。

膨大な情報の中から本当に信頼して良い情報かどうかを見極めて収集するのは難しいとされてます。

そこで、安心して閲覧することができる投資顧問サイトにて「その道の達人たち」によるセミナーや公開動画を見てみるのも一つの手です。まずは、無料で情報収集を行い信頼のできる、『あすなろ投資顧問』でご相談してみてはいかがでしょうか?

ビジョン達成への努力を惜しまない人財の集合体、それが株式会社あすなろです。

あすなろのスペシャル動画コンテンツはこちら↓
[動画: https://www.youtube.com/watch?v=umwXIt2B1hc ]



■あすなろ無料ブログ: https://www.asunaroblog.jp/
■あすなろ投資顧問代表大石の活動ブログ: https://ameblo.jp/asunarotoshikomon
■Yahoo!ファイナンス紹介ページ: https://info.finance.yahoo.co.jp/kabuyoso/specialist/yoso/5111
■あすなろ投資顧問You Tube: https://www.youtube.com/channel/UCaCRPxbZ8Wtaak2FdIvSGkA
■お問い合わせ: https://1376partners.com/contact?

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング