東日本大震災被災者支援「共に生きる」ファンド 第11次助成は18事業、総額64,228,518円 ~第12次募集は1月31日~2月7日~

PR TIMES / 2013年1月22日 13時54分



特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォーム(東京都千代田区、/以下、JPF)は、第11次「共に生きる」ファンド
の申請事業総数54件から、以下の18事業が常任委員会にて承認されたことを報告します。事業実施地別(助成時)では宮城県3件、岩手県6件、福島県7件、その他地域・複数地域2件でした。支援内容別(助成時)ではセーフティネット支援9件、コミュニティ支援5件、生業支援1件、コーディネーション・サポート3件でした。
※ 2013年1月15日時点での事業数および総額。18団体中1団体が保留につき調整中です。

次回第12次募集は、2013年1月31日~2月7日です。引き続き、被災地の復興に向け、皆さまの積極的なご応募をお待ちしています。

【セーフティネット支援:9件】
1
フードセーフティ(食の安全保障)ネットワーク構築の基盤整備事業
(特定非営利活動法人ふうどばんく東北AGAIN)
助成額: ¥3,792,800、実施場所:宮城県仙台市・宮城県全地域
概要:増加傾向にある生活困窮者からの食料支援要請に応えるため、倉庫スペースを増強し、フードバンク管理システムを構築する。さらに地域資源のネットワーク化を図り、宮城県全域への支援体制構築の整備を行う
2
あすからのくらし相談及び困窮者物資支援実施事業(特定非営利活動法人くらしのサポーターズ)
助成額:¥4,389,648、実施場所:岩手県宮古市・田野畑村・岩泉町・山田町
概要: 生活困窮を抱えた地域住民を対象に、出張相談会と物資支援を通じた生活再建支援を行う
3
釜石の元気の出る家「虹の家」(特定非営利活動法人母と子の虹の架け橋)
助成額:¥702,000、実施場所:岩手県釜石市
概要: 釜石市の託児所の運営
4
東日本大震災及び東京電力福島第一事故からの復興支援“いつもの暮らしに戻ろう”プロジェクト
(特定非営利活動法人市民公益活動パートナーズ)
助成額:¥495,000、実施場所:福島県伊達郡桑折町・福島市・二本松市
概要:避難生活を送る浪江町町民等を対象に孤立防止等を目的として、「心のケア」支援活動の一環とした映画上映会を実施
5
障がい児の被災者家族のためのサポート事業(特定非営利活動法人ふよう土2100)
助成額:¥2,494,290実施場所:福島県郡山市
概要:障がい児の被災者家族をサポートする交流サロン運営と専門家による生活相談の実施
6
コミュニティによる風評被害対策農業復興プロジェクト(特定非営利活動法人ほうらい)
助成額:¥6,774,000、実施場所: 福島県松川町
概要:ベクレルモニターを運営・管理し、福島県蓬莱農耕地の土壌、販売される農作物や食品の測定をすることで、地域農家が直接・風評被害から立ち直ることを目指す
7
いわき市における被災者・避難者支援事業(特定非営利活動法人いわき自立生活センター)
助成額:¥7,242,000、実施場所: 福島県いわき市
概要:6月に結成された 「3.11被災者を支援するいわき連絡協議会」をNPO法人化し、いわき市全域の仮設・借上げ住宅の被災者に情報を提供する
8
事務局人件費並びに原発避難者の心のケアと生き甲斐作りプログラム
(特定非営利活動法人勿来まちづくりサポートセンター)
助成額:¥ 3,874,800、実施場所: 福島県いわき市
概要: 借上げアパートに入居している人たち(浪江町、大熊町、富岡町、双葉町)の心のケアサロンを運営
9
いつもみんなで生きる場所(特定非営利活動法人おいたまサロン)※保留につき調整中
助成額:¥7,476,750、実施場所: 山形県置賜地区
概要:交流ルーム「ふわっと」に、福島からの避難者が主体で活用できる常設学童ルームを設置

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング