外国籍人材紹介会社向け「Sunrise」の提供開始

PR TIMES / 2020年6月15日 8時0分

外国籍求人・求職者リソースをクラウド上に集約することで、マッチング・売上のチャンスを最大化します。

ASEAN出身の外国籍人材を中心とした人材紹介業を行うNODE株式会社(東京都新宿区、代表取締役:渡邉健太)は、外国籍スカウティングプラットフォーム「Sunrise(サンライズ)」の提供を開始いたします。外国籍求職者の情報と、外国籍向けの求人情報は、現状、様々なプレイヤーのもとに点在しており、アクセスしづらく、全体像が見えない状況が続いています。情報を1箇所に集め、共通のフォーマットをつくり、さらなる市場の発展と、市場の健全化を目指します。



[画像1: https://prtimes.jp/i/13065/10/resize/d13065-10-977642-1.png ]


■解決すること
日本政府は、高度専門職・特定技能での外国籍受け入れに集中しているため、ジュニア~ミドルレベルの外国籍人材の就職支援体制は支援されてなく、そこに多種多様な強みや個性を持った人材紹介会社が参入した結果、情報が散乱し、1つの事業者でマッチングできる数は限られております。
“外国籍人材紹介市場の健全化”を目指し、「Sunrise」は下記2点の実現を目指しています。

1.「生きた情報の集約」求人・求職者の情報は提供する人材紹介会社が責任を持ち、管理することで、常に今外国籍を必要としている会社と、今仕事が必要な外国籍人材の情報のみが集約されマッチング効率が上がります。

2.「リソースの最大活用」外国籍人材紹介は様々な背景からスタートします。製造業の人材採用支援をしていた会社であれば、製造業求人を持ってますし、ベトナムオフショア開発からスタートした会社であれば、ベトナム人ITエンジニアのリソースを持っています。そのような様々なリソースを持った人材紹介会社が参画予定で、自社の得意リソースを売上に繋げます。

[画像2: https://prtimes.jp/i/13065/10/resize/d13065-10-380269-0.png ]

■今後の展開
まずは外国籍求人を保有している人材紹介会社が、外国籍求職者を保有している人材紹介会社がアップロードしている人材をスカウトする「スカウト」機能からスタートしますが、今後は求人への候補者「推薦」機能を実装予定です。2020年8月頃を予定しています。
さらには今後の可能性次第になりますが、「Sunrise」の仕組みをジュニア~ミドルだけでなく、特定技能などの新領域への拡大。あるいは、日本だけではなく、タイやベトナムなどの人材エージェントが多い国への導入も視野に入れております。

■ご利用にあたって
下記のサービスサイトよりお申し込みください。
必要項目の送信後、お申込書をメールにて送信いたします。
サービスサイト: https://www.sunrisehr.biz/

■本サービスのプロジェクトリーダーの田上竜也から一言
「外国籍人材紹介会社が協力しない先に、外国籍人材が活躍できる日本の未来は訪れません。」
外国籍向けの求人情報と求職者情報が、様々なプレイヤーのもとに点在している現状は一刻も早く解決されねばなりません。
この問題を放置することで、求人企業は外国籍社員の採用チャンスを逃し、外国籍求職者は仕事を得るチャンスを逃し、その結果、両者を仲介する人材紹介会社は売上のチャンスを逃すことになります。求人を獲得できない人材紹介会社は、採用成功報酬を大幅に値下げをしたり、さらに事業存続が困難な会社は求職者からお金を徴収するケースもあります。そのような行為を放置することは、外国籍人材紹介業の市場価値、そして世間からの外国籍人材への価値を大きく下げることにつながり、外国籍人材が活躍できる未来は到底訪れません。「Sunrise」で各人材紹介会社同士のリソース統合が可能になれば、どの人材紹介会社もクライアント・求職者に対し、満足の行くサービスを提供することが可能になり、その結果満足の行く報酬を得ることができます。
正しき心を持つプレイヤーの皆様が増え、外国籍人材が活躍できる日本、そして、人材紹介が天職であると思える世界を実現できるサービスを目指します。

<NODE株式会社について>
代表者:渡邉 健太
設立日:2014年3月12日
所在地:東京都新宿区新宿1-34-15
サービスサイト: https://www.sunrisehr.biz/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング