1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

【文部科学大臣杯】スズキジャパンカップ2012 第29回全日本エアロビック選手権大会 中部地区大会 全国大会出場選手64名が決定!

PR TIMES / 2012年10月22日 16時41分



 社団法人日本エアロビック連盟(東京都品川区、理事長:知念かおる)は、2012年10月20日(土)に中村スポーツセンターで実施された、エアロビック日本一を決定する「スズキジャパンカップ 2012 第29回全日本エアロビック選手権大会」の中部地区大会の結果を、以下にお知らせ致します。

【中部地区大会 出場選手数】
■大会出場選手総数:205名

■男子シングル部門:9名 ■女子シングル部門:22名
■AG1女子シングル部門:29名 ■AG2女子シングル部門:24名
■ペア部門:11組(22名) ■トリオ部門:12組(36名)
■AG1トリオ部門:10組(30名) ■AG2トリオ部門:11組(33名)

【男子シングル部門 2名】
第1位:小山 穣(コヤマ ミノリ)(長野県 所属:スポーツネットワークSAM)
【コメント】1位通過を予想していなかったので、まだ実感がわかない。全国大会では今回うまくいかなかった箇所を直して、完璧な演技をし、観客に感動を与えたい。
第2位:松村 憲男(マツムラ ノリオ)(富山県 所属:FLASH)

【女子シングル部門 4名】
第1位:中澤 彩子(ナカザワ アヤコ)(長野県 所属:スポーツネットワークSAM)
【コメント】とりあえず中部地区大会を通過できてほっとしている。全国大会では優勝を目標としているので、全体的なレベルアップを図る。
第2位:今泉 沙也佳(イマイズミ サヤカ)(愛知県 所属:Studio 山本塾)
第3位:山本 希愛(ヤマモト キアイ)(愛知県 所属: Studio 山本塾)
第4位:佐藤 詩織(サトウ シオリ)(愛知県 所属:湘南茅ヶ崎A.G.C.)

【AG1女子シングル部門 2名】
第1位:竹下 菜々(タケシタ ナナ)(愛知県 所属:Studio 山本塾)
【コメント】ライバルが多い中、目標としていた1位通過ができて嬉しい。全国大会は昨年も出場したが緊張していたので、今回はリベンジしたい。目標は10位以内。 
第2位:鈴木 清香(スズキ サヤカ)(静岡県)

【AG2女子シングル部門 2名】
第1位:清 里香(セイ サトカ)(静岡県 所属:青山社中)
【コメント】1位通過は予想していなかったが、すごく嬉しい。今回失敗した箇所を完璧にして、全国大会では強くて美しい演技を目指す。
第2位:上条 梓実(カミジョウ アズミ)(長野県 所属:FLAT BACK)

【ペア部門 6組】
第1位:是枝 亮(コレエダ リョウ)・菖蒲谷 真紀(ショウブタニ マキ)
【コメント】ペアの演技は練習不足だったので、今回は踊りきることを目標としていた。全国大会では、より表現力と技術を磨き、完成した演技をしたい。
第2位:丹 憲一(タン ケンイチ)・小松田 葵(コマツダ アオイ)
     (所属:C.A.C.TOKYO・湘南茅ヶ崎A.G.C.)
第3位:大鋸 美里(オオガ ミサト)・中井 美波(ナカイ ミナミ)
     (所属:WAC WATABE アスリートクラブ)
第4位:米倉 久史(ヨネクラ ヒサシ)・八田 宣子(ハッタ ノリコ)
第5位:関口 優希(セキグチ ユウキ)・柳田 綾里咲(ヤナギダ アリサ)    
第6位:中野 真衣(ナカノ マイ)・久田邑(ヒサタ ユウ)
     (所属:HSエアロビックダンス)

【トリオ部門 8組】
第1位:大村 詠一(オオムラ エイイチ)・大村 紗織(オオムラ サオリ)・大村 智美(オオムラ トモミ)
     (所属:Team. OHMURA)
【コメント】全国大会での3連覇を目指しているので、1位通過は嬉しい。エアロビックはルールが複雑だが、一般の観客が見ても優勝にふさわしいと思うような演技を目指す。
第2位:今泉 沙也佳(イマイズミ サヤカ)・杉山 佳歩(スギヤマ カホ)・山本 希愛(ヤマモト キアイ)
     (所属:Studio 山本塾・青山社中・ Studio 山本塾)
第3位:岸名 あゆみ(キシナ アユミ)・木津 早耶子(キヅ サヤコ)・吉山 喜代美(ヨシヤマキヨミ)
     (所属:湘南茅ヶ崎A.G.C.)
第4位:河村薫(カワムラ カオル)・小山 杏依子(コヤマ アイコ)・芳賀 実奈子(ハガ ミナコ)    
第5位:河村照美(カワムラ テルミ)・松本 三智江(マツモト ミチエ)・吉木 麻記(ヨシキ マキ)
     (所属:ADVANCE 4)
第6位:小山穣(コヤマ ミノリ)・下田 美月(シモダ ミヅキ)・中澤 彩子(ナカザワ アヤコ)
     (所属:スポーツネットワークSAM)
第7位:伊藤 純子(イトウ ジュンコ)・藤井 瑠美(フジイ ルミ)・若林 紀美江(ワカバヤシ キミエ)    
第8位:中西 美香(ナカニシ ミカ)・針尾 雅美(ハリオ マサミ)・水見 洋子(ミズミ ヨウコ)

【AG1トリオ部門 2組】
第1位:井口 夏希(イグチ ナツキ)・大島 瑞姫(オオシマ ミズキ)・矢羽々 朱梨(ヤハバ アカリ)
     (所属:SKJ)
【コメント】今回の演技は納得がいかない箇所もあった。全国大会では思い切った演技をして、悔いの残らないようにしたい。
第2位:笠岡 瑠菜(カサオカ ルナ)・河口 英実佳(コウグチ エミカ)・頓宮 七海(トングウ ナナミ)
     (所属:OSKスポーツクラブ)

【AG2トリオ部門 4組】
第1位: 小玉 真菜(コダマ マナ)・杉岡 雅(スギオカ ミヤビ)・土器 早紀子(ドキ サキコ)
     (所属:OSKスポーツクラブ)
【コメント】仕上がりが悪かったが、前日から調子が上がり、今日もいい演技ができた。全国大会ではライバルに勝つため、3人の個性を出したいい演技をしたい。
第2位:谷本 七海(タニモト ナナミ)・寺岡 李恵(テラオカ リエ)・安井 梨沙(ヤスイリサ)
     (所属:OSKスポーツクラブ)
第3位:植木 麻穂(ウエキ マホ)・谷 夏見(タニ ナツミ)・中西 三奈美(ナカニシミナミ)
     (所属:谷・中西:くまとりA.G.C.)
第4位:石塚 真由(イシヅカ マユ)・染谷柚夏(ソメヤ ユカ)・村岡 香琳(ムラオカカリン)
     (所属:HKエアロビクトリー)


【大会概要(地区大会・全国大会)】
■大会名 :スズキジャパンカップ2012 第29回全日本エアロビック選手権大会
■主催 :社団法人日本エアロビック連盟(JAF=Japan Aerobic Federation)
■主管 :北海道エアロビック連盟、宮城県エアロビック連盟、仙台市エアロビック連盟、 NPO法人東京都エアロビック連盟、愛知県エアロビック連盟、兵庫県エアロビック連盟、福岡県エアロビック連盟
■後援 :文部科学省、公益財団法人日本体育協会、財団法人日本体操協会、尼崎市、尼崎市教育委員会、尼崎市体育協会、公益財団法人尼崎市スポーツ振興事業団、スズキ株式会社、株式会社NHKグローバルメディアサービス
■協賛 :東京海上日動火災保険株式会社、株式会社ウェザーコーポレーション、株式会社おとやトレーディング、ベンゼネラル株式会社AVIA、凸版印刷株式会社、株式会社スマートデザイン
■協力 :北翔大学、日本工学院八王子専門学校
■観覧 :地区大会/全国大会 観覧無料
■テレビ放送 :NHK BS1にて放送予定

【大会スケジュール(地区大会・全国大会)】
【地区大会日程】
■東日本地区大会
日時:9月9日(日)開場9:00 開会10:00
場所:日本工学院八王子専門学校(総合体育館)
(東京都八王子市片倉町1404-1)
■東北地区大会
日時:9月16日(日)開場12:00 開会13:00
場所:仙台市泉総合運動場体育館
(宮城県仙台市泉区野村字新桂島前60番地)
■九州地区大会
日時:9月29日(土)開場9:30 開会10:30
場所:福岡市九電記念体育館
(福岡市中央区薬院4丁目14番1号)
■北海道地区大会
日時:9月30日(日)開場9:30 開会10:30
場所:北翔大学 第1体育館
(北海道江別市文京台23)
■中部地区大会
日時:10月20日(土)開場9:00 開会10:00
場所:中村スポーツセンター
(愛知県名古屋市中村区中村町字待屋43-1)
■西日本地区大会
日時:12月22日(土)開場9:00 開会10:00
場所:ベイコム総合体育館
(兵庫県尼崎市西長洲町1-4-1)

【全国大会日程】
■全国大会
日時:12月23日(日)開場9:00 開会10:00
場所:ベイコム総合体育館
(兵庫県尼崎市西長洲町1-4-1)

【参考 :社団法人日本エアロビック連盟(JAF)について】
エアロビックの普及・振興を担う統括団体で、平成4年11月に文部省(現在の文部科学省)所管の公益法人として設立許可。40の都道府県連盟及び地域組織があります。(公財)日本体育協会、㈶日本体操協会及び日本ワールドゲームズ協会の加盟団体。普及事業では、一般愛好対象の「エアロビック技能検定会」や「チーム・チャレンジ」等の地域活性化プログラムを指導。指導者養成では、「公認スポーツ指導者制度((公財)日本体育協会との共催)」や「キッズ・ジュニアエアロビック指導員」等の養成を行っています。競技力向上事業では、「文部科学大臣杯スズキジャパンカップ全日本エアロビック選手権大会」や「スポーツエアロビック」、「JOC ジュニアオリンピック全国エアロビック選手権大会in袋井」をはじめ、選手強化活動等も行っています。



企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング