aiforce solutions「AMATERAS RAY」 × 正林国際特許商標事務所 国内特許業務のデジタルトランスフォーメーション支援強化に向け業務提携

PR TIMES / 2019年11月6日 12時5分

2019年11月6日(火)よりサービス提供開始



 「全ての人が読み、書き、算盤レベルでAIを楽しく活用できる世の中」の実現を目指す株式会社aiforce solutions(本社: 東京都千代田区、代表取締役社長:西川智章、以下「aiforce」)は、正林国際特許商標事務所(本社:東京都千代田区、 所長:弁理士 正林真之、以下 正林国際特許)と、aiforceが開発を手掛けるAIデータ解析サービス「AMATERAS RAY」を活用した、特許業務のデジタルトランスフォーメーション支援サービスの提供を2019年11月6日(火)から開始します。

◆提供の背景
 近年、多くの企業がテクノロジーを活用した既存事業の高度化や新規事業開発(デジタルトランスフォーメーション:DX)に注力しており、その実現にAI(人工知能)を導入する企業が増加しています。
 しかし、AIの活用では、AIを取り扱えるデータサイエンティストが企業の保有データを解析する処理が必要ですが、AIの専門家人材は世界中で枯渇しており、AI導入には長い期間と高額な費用を要するのが実態です。また、事業開発に付帯する「特許業務」では、伝統的な特許調査、特許事務管理、特許年金管理などにおいて、現場担当者の「手作業」や「勘と経験」で遂行している業務プロセスが主流となっており、他業種に比べてデジタル化が進んでいない現状があります。

 AIの専門家人材の育成において、aiforceでは、データサイエンティストの業務を代替するAIデータ解析サービス「AMATERAS RAY」の提供と、現場担当者のAIリテラシー向上を目指したe-Learningプログラムやスキル習得の研修など、様々なAI教育サービスを提供しています。

 また、この度のaiforceと正林国際特許の協業で、aiforceが有する「自動化されたAIデータ解析サービス」の提供と、正林国際特許が得意とする知的財産戦略と事業戦略にかかわるコンサルティングの知見を活用して、特許業務プロセスを改革し、グローバル企業レベルでのデジタル化を実現できるよう支援してまいります。

◆「AMATERAS RAY」を活用した特許業務のコンサルティングサービス概要
AIデータ解析サービスを活用して、クイックに業務効率化効果を測定いたします。
[画像1: https://prtimes.jp/i/39599/12/resize/d39599-12-280132-0.png ]


◆特許業務ご担当者様向けAI リテラシー教育サービス
現場担当者がAIを活用した業務効率化プロジェクトを推進できるよう、e-Learningプログラム、AI集合研修、「AMATERAS RAY」のハンズオントレーニングを提供します。将来的には、お客様自らがAIを活用して自社のデジタルトランスフォーメーションが実現できることを目指します。

◆サービス開始日
2019年11月6日(火)より

◆「AMATERAS RAY」の概要
「AMATERAS RAY」の特徴は、データ分析の専門家ではなく、実務者である営業部やマーケティング部担当でも数クリックで、最適な予測結果を自ら、簡単に、何度も検証することが可能です。そのため、データサイエンティストなど高度なデータ分析専門家を採用する必要がありません。
[画像2: https://prtimes.jp/i/39599/12/resize/d39599-12-329690-1.png ]

◆株式会社aiforce solutionsについて ( https://www.aiforce.solutions/)
現在、日本国内においては、AI市場は加熱気味ですが、それを担う専門家人材が不足しており、需要と供給がマッチしていません。また、AI導入には高額な導入費用と期間がかかるため、メディアで報道されているほどビジネス市場におけるAI導入は進んでいないのが実態です。この問題を解決するために、AIの内製化を強力に推進するインフラ(AMATERAS RAYとAI ビジネスパーソン向けe-Learning)を提供しています。

・会社所在地 :東京都千代田区大手町1-5-1 大手町ファーストスクエアウエストタワー2F
・代 表 者 :代表取締役社長 西川 智章
・事 業 内 容 :
➢AI コンサルティング
・AI導入コンサルティング、AIプロジェクトのPMO、内製化の支援
・AIベンダーや投資先の技術評価と選定の支援

➢AMATERAS RAY : 機械学習の自動化ソフトウェア
・一般ユーザーが数クリックで需要予測や異常検知を実施できるサービスの提供
・AIプロジェクトの期間を最短1日まで削減し、内製化を実現

➢ビジネス向けAI e-Learning
・AIビジネスパーソンのリテラシー向上を目的とした体系的な教育プログラム
・AIコンサルティングやプロジェクト推進の教育に注力
(AIテーマ選定やAIベンダーの選別や目利き力を強化)
・AIエンジニアのスキルとビジネスプロデュ―サーとしての能力を備える「AI女子」の育成
・東北大学、早稲田大学等における次世代のAIリテラシー向上の教育プログラムの提供

◆正林国際特許商標事務所について ( http://www.sho-pat.com/)
正林国際特許商標事務所は、1998年(平成10年)に創立し、「かちづくり」の仕組みを創る、「知財ビジネス戦略の専門家集団」であることをモットーとして、良質のサービスを提供しています。2019年7月現在、約70名の弁理士(うち特許庁OB 約 20名)、そして知財アナリスト、専門アドバイザーの一人ひとりが、お客様に合わせた包括的な知財サービスを提供いたします。知財活動をトータルにリードする中で、経営資源の価値を最大化し、皆さまの「かち」 (価値/勝ち) を創り出します。知的資産のライフスパンのすべての段階でお客様に伴走する姿勢は、当事務所の強みであり、存在価値と考えています。

・所 在 地 :東京都千代田区丸の内1-7-12 サピアタワー
・代 表 者 :所長:弁理士 正林真之
・事 業 内 容 :
➢【創造段階:価値のタネ】
知財を意識した事業戦略づくりを支援、知財コンサルティング・戦略づくり、標準化についての包括的コンサルティング・戦略づくり、知財の創造・発掘、知財の調査・分析、知財価値評価

➢【保護段階:権利取得】
出願事前調査(先行技術調査)、特許庁への出願手続き、出願後の特許庁対応(補正指令、拒絶理由
通知への対応など)、権利化後の管理、審判、訴訟への対応、秘匿・標準化の戦略づくりの支援、権利化以外で知財を保護するための電子公証(タイムスタンプ)

➢【活用段階:儲けの仕組み】
商品化・商業化の戦略づくりを支援、知財マネタイズのためのコンサルティング、知財取引を支援、知財取引の戦略づくりを支援、侵害対策を支援(税関への働きかけ含む)

◆本件に関するお問い合わせ先
【製品・サービスに関するお問い合わせ先】
株式会社aiforce solutions
コンサルティンググループ
E-mail:info@aiforce.solutions
※ 掲載されている製品名、会社名、サービス名はすべて各社の商標または登録商標です。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング