理想科学工業、 アラクサラネットワークス、 IPv4アドレス枯渇対応タスクフォースが共同でIPv6対応ビジネス向け高速カラープリンターの運用実験を実施

PR TIMES / 2012年11月27日 11時0分

理想科学工業株式会社(代表取締役社長 羽山明、以下 理想科学)、アラクサラネットワークス株式会社(代表取締役社長 滝安美弘、以下 アラクサラ)、IPv4アドレス枯渇対応タスクフォース(代表 江崎浩IPv6普及・高度化推進協議会専務理事/東京大学)は、2012年10月にIPv6を使用したネットワーク上でプリンターを効率的に運用する際の課題の抽出および機能要件の整理を行うために、IPv6を使用したネットワークへの直接接続機能を有した理想科学のビジネス向け高速カラープリンター「オルフィスEXシリーズ」での運用実験を実施しました。(図参照)





本実験では、IPv4アドレス枯渇対応タスクフォースの支援により神奈川県川崎市幸区に設置されたIPv6テストベッドサイト(*1)を利用し、以下の3項目について実験を行いました。
本実験で使用したL3スイッチAX3640SやルーターAX620Rの提供およびIPv6ネットワークに関するコンサルティングと技術者の派遣をアラクサラが担当しました。
(1)理想科学が開発したIPv6対応の「オルフィスEXシリーズ」の運用性の確認
(2) IPv6化された次世代の企業LANやIPv6を使用したインターネットを介してプリンターを利用する際のアドレス自動設定やクライアントへの接続情報の配布方法の検証
(3) インターネットを介した次世代印刷サービスの可能性についての検討

現在IPv4アドレスは、アジア太平洋およびヨーロッパ地域で管理されている在庫がすでに枯渇し(*2)、日本国内の通信事業者の在庫枯渇も現実味を帯びてきました。このような状況で国内外のIT技術とサービスがこれまで通りの拡大と発展を遂げていくためには、IPv6アドレスの利用に向けた対応が必要です。特にネットワーク関連のサービスや機器を提供している企業で競争力を維持し続けるためには、IPv6技術の導入が必須になっています。
すでに官公庁や自治体、大学などの新規調達の際には、IPv6への対応が必須とされることが多く、ネットワーク機器のみならずパソコンやサーバーの多くがIPv6に対応しています。一方、従来のプリンターなどのネットワーク周辺機器については、IPv6への運用面での技術の蓄積が少なく、ITシステムのすべてをIPv6化することを難しくしていました。
三者は、今後本実験で得られた検証・検討の成果をナレッジとして蓄積し、IPv6導入支援やコンサルティングなどを通じて一般に啓蒙し、それぞれの立場でIPv6ネットワーク・インフラの整備を促進してまいります。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング