1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

共同印刷、「FIT2021(金融国際情報技術展)」に出展 金融機関をサポートするDXソリューションをご提案

PR TIMES / 2021年10月4日 13時45分

共同印刷株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:藤森康彰)は、2021年10月14日(木)から15日(金)まで、東京国際フォーラムで開催される「FIT2021(金融国際情報技術展)」に出展します。



[画像: https://prtimes.jp/i/59594/13/resize/d59594-13-966bfd404a9330f7b208-0.png ]

「FIT(Financial Information Technology/金融国際情報技術展)」は、金融総合専門紙「ニッキン」を発行する日本金融通信社が主催する国内最大の「金融機関のためのITフェア」です。
当社は、専用アプリをダウンロードせずに口座開設の手続きができる「口座開設Webアプリ+eKYC」のほか、AMLソリューション、「相続事務支援サービス」など、IT技術を駆使した金融機関の煩雑な業務をサポートする各種サービス―DXソリューションを紹介します。


【主な出展内容】        ※都合により変更となる場合がございます。ご了承ください。

▶口座開設Webアプリ+eKYC(本人確認ソリューション)
スマートフォンと本人確認書類があれば、専用アプリをダウンロードすることなく、手軽に口座開設の手続きが行えるWebアプリ。オンライン上で本人確認が完結する「eKYC」にも対応。高機能OCRによる入力負荷軽減、タブレットを使用した窓口業務支援、金融機関のバックオフィス業務に合わせた口座開設支援システム(管理画面)の提供、柔軟な拡張性(投資信託口座開設、マイナンバーの取得、電子署名、住所や電話番号の変更といった各種諸届対応など)が特徴。

▶継続的顧客管理支援サービス(AML*ソリューション)
DM・SMSなどを組み合わせたお客さまへの通知業務や顧客管理プラットフォームの提供から、返戻郵便物の受け付け、審査、入力業務、未回答のお客さまへの対応まで金融機関の継続的顧客管理に関わる業務を一貫してサポート。不備率を軽減するユニバーサルデザインや顧客向けアンケートの最適化などソフト面でのサポートも充実。

*アンチマネーロンダリング対策。各金融機関がマネーロンダリング(不自然な取引、振り込め詐欺などの不正口座取引など)を防ぐ対策をしておくこと。

▶相続事務支援サービス(BPO・事務効率化)
戸籍情報のOCR読み取り、専用BPOシステムの活用および進捗管理を含むシステム化したサービスの提供で、金融機関の相続手続きに関わる業務を効率的にサポート。


■会社概要
社名:共同印刷株式会社(Kyodo Printing Co., Ltd.)
所在地:東京都文京区小石川4‐14-12
代表者:藤森康彰
設立:1925(大正14)年12月
事業内容:総合印刷業  https://www.kyodoprinting.co.jp/

■お問い合わせ先
営業窓口:ビジネスメディア事業部 営業本部第一部    TEL:03-3817-2301
取材窓口:コーポレートコミュニケーション部       TEL:03-3817-2525

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング