tenki.jpラボ vol.4 『2014年お天気総決算』を公開 気象予報士100名と、全国にお住まいの一般の方500名に調査を実施 「今年の天気を表す漢字」 気象予報士は「災」、一般は「雨」

PR TIMES / 2014年12月10日 11時10分



一般財団法人日本気象協会(本社:東京都豊島区、会長:繩野 克彦)が運営する天気予報専門サイト「tenki.jp( http://www.tenki.jp/ )」 では、2014年12月10日より、同サイト内のtenki.jpラボにおいて『2014年お天気総決算』を公開いたします。

※上記の写真に関して:「2014年 今年の天気を表す漢字」を、日本に唯一という「気象」の神社『 気象神社(氷川神社境内) 』にお願いししたためていただきました。

1.tenki.jpラボ 『2014年お天気総決算』の概要
『2014年お天気総決算』では、2014年の天気を振り返るべく、気象予報士100名と全国にお住まいの一般の方々500名に「今年の天気を表す漢字」「今年最も印象に残った天気ニュース」「2015年の天気に期待すること」などの調査を実施しました。

2.調査結果概要
「今年の天気を表す漢字」に関する調査では、気象予報士の回答では「災」、一般は「雨」が1位となりました。

気象予報士トップ3 回答理由抜粋
1位 災 (10.0%)
激しい気象現象による災害が多かった
2位 雨 (7.0%)
雲・雨・雹・雷と雨冠の現象が多く見られた
2位 雪 (7.0%)
2月に太平洋側で大雪が降ったため

一般トップ3 回答理由抜粋
1位 雨 (14.2%)
台風や豪雨が多かったから
2位 荒 (14.0%)
天気が良いかと思えばすぐ雨になったり暑かったり寒かったりと、荒れた天気に翻弄された1年の様な気がする
3位 曇 (8.8%)
晴れている日が少なかった気がする

この他にも「2015年の天気に期待すること」という質問には気象予報士、一般の方共に、「晴れが多い」ことが1位となりました。また、一般の方の回答はお住まいの地域によって傾向があることなどがわかりました。

【「2014年お天気総決算」 調査概要】
■一般:
【調査対象】 全国の10代-50代 男女 合計500名
【調査方法】 インターネット調査(調査会社の登録モニター活用)
【調査期間】 2014年11月21日(金)

■気象予報士:
【調査対象】日本気象協会所属の気象予報士100名
【調査方法】 インターネット調査
【調査期間】 2014年11月20日(木)~11月27日(木)

3.「tenki.jpラボ」に関して
「tenki.jpラボ」では、天気や防災にまつわる情報を、意識調査や気象予報士の知恵、時節ネタなどを絡め発信し、より天気や防災に興味を持っていただくことを目的として情報発信を行っています。なお、今回で第4回目の発信となります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング