エドウイン、軽くてフワフワ、エアーなジーンズ「エアインデニム」発売。

PR TIMES / 2014年2月26日 17時27分

驚きの軽さ、ソフトな肌触り、着用感を一新した、新しい女性のためのジーンズ。

株式会社エドウインは、従来の女性用ジーンズより約30%軽量で、フワッとソフトな肌触りの新しいデニムを使用したジーンズを2月下旬より発売します。



気分も軽やか、ジーンズをはくことを楽しくするエドウイン・エアインデニム。「エアインデニム」は、従来のジーンズが持つ「丈夫だけど、重くて固い、窮屈」という印象や着用感を改善、一新するジーンズです。ジーンズ本来の魅力である丈夫さはそのままに、その着用感はジーンズより軽く、ジーンズよりソフトになった、ジーンズを変えるジーンズです。「約30%軽量」はエアインデニムと自社従来品の同サイズ(28インチ)商品との比較です。従来品が600g、エアインデニムは423g。

企画背景;

ジーンズは、日常の生活の中でファッションとしての役目だけではなく、頻繁にはく、実用着としての丈夫さが求められるファッションアイテムであり、それが愛されている理由でもあります。ジーンズが丈夫で長持ちなのは、デニムが太い糸を使用し、しっかりとした織物であることに由来します。その反面、丈夫なデニム生地は、どうしても固く、重くなります。また、洗濯後も乾きにくいなどのデメリットもあります。一方で、はきやすさや軽さを求めるほど、糸は細くなり、織り方もソフトになりますが、本来のジーンズが持っていたデイリーウエアとしての丈夫さや強さは失う事になります。

エドウインはクラボウと共に、本物のジーンズの丈夫さやその風合いや表情を持ち、且つジーンズ以上に軽くて、疲れないソフトなはき心地とイージーケア(乾きやすい)の性能を発揮するデニムを開発しました。
高度な紡績技術により、ジーンズ、デニムの顔となるタテ糸に新たに特殊糸を開発。コットンとナイロンファイバーの2層構造糸で、インディゴ染色に馴染みやすく繊維の中で比重が軽くて、綿より丈夫なナイロンファイバーを芯に、まわりをコットンでソフトにエアリーにカバーする高度な製法で、中空性のあるやわらかなタテ糸に仕上げました。肌触りと快適性を向上させる為、ヨコ糸には、伸縮性能を発揮するポリウレタンを芯に、同じくコットンでソフトにエアリーにカバーした中空性能のある2層構造糸を使用。タテ糸とヨコ糸両方の特殊糸の開発と組み合わせにより、軽くてソフトなはき心地をもたらす新しいデニムが完成しました。さらに、ボタンやリベットなどジーンズの基本の金属パーツは、YKKと共同企画し、約50%軽量化し、徹底して軽いジーンズにこだわりました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング