「小中高生の幸福度」とは?~小中高生の幸福度調査~

PR TIMES / 2012年4月11日 11時44分



~小中高生の幸福度調査~
「小中高生の幸福度」とは?
「男子」より「女子」、「高校生」より「小学生」が幸福感を感じている!


eラーニング教材「すらら」を展開する株式会社すららネット(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:湯野川孝彦)では、「小中高生の幸福度調査」を小学1年生から高校3年生までの男女に実施しました。

1)小中高生の幸福度、10 段階評価で平均「7.0」
2)幸福感に影響する要素は「友人関係」「健康」「自由な時間 ・充実した余暇」 
3)より幸せになるために有効なのは「家族」より「友人や仲間」との助け合い!
4)小中高生による将来の幸福度予想、10 段階評価で平均「7.6」
5)将来の不安感に影響する要素は「就職」がトップ! 
 

1)小中高生の幸福度、10 段階評価で平均「7.0」!
小中高生を対象に幸福度を調査したところ、10 段階評価で平均は「7.0」という結果となりました。学校種別の平均は、小学生が「8.0」、中学生が「6.8」、高校生が「6.7」と学年が上がると幸福度が下がる傾向にあり、年齢が上がるとともに幸せと感じにくくなるようです。また、性別の平均は、男子が「7.0」、女子が「7.2」となり、わずかながら女子の方が幸福感が高いことが分かりました。

■結果:「現在、あなたはどの程度幸せですか。」の回答(単数回答)
【総合】平均:7.0   
【学校種別】平均:小学生8.0、中学生6.8、高校生6.7 
【性別】平均:男子7.0、女子7.2


2)幸福感に影響する要素は「友人関係」「健康」「自由な時間 ・充実した余暇」
幸福度を判断する際に重視した項目は、「友人関係」(58.0%)、「健康」(47.0%)、「自由な時間・充実した余暇」(45.2%)が3大要素となっています。子どもにとって幸福感とは、「成績」(31.5%)や「おこづかい」(9.5%)といった “こどもならでは”の要素に左右されるものではないようです。


3)より幸せになるために有効なのは「家族」より「友人や仲間」との助け合い!
幸せになるために有効なことは何か聞いたところ、TOP3は「自分自身の努力」(72.3%)、「友人や仲間との助け合い」(64.6%)、「家族との助け合い」(39.6%)となりました。
より幸せになるためには他の人ではなく、自分の努力が有効であると考える人が多いようです。 
また、「家族」より「友人」との助け合いの方が25pt高く、小中高生にとっては「家族」より「友人」の方が影響が大きいようです。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング