全国のモーリーファンタジー・PALO約200店舗への抗菌・抗ウイルスコーティングを開始 2月末までに接触可能性のある機器を対象に実施

PR TIMES / 2021年1月21日 17時15分

イオンディライト株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長兼社長執行役員 グループCEO:浜田和成、以下 「当社」)は、お客さまにより「安全・安心」な環境をご提供するため、コロナ下における接触感染防止対策の一環として、2020年12月より株式会社イオンファンタジー(本社:千葉県千葉市、代表取締役社長:藤原信幸、以下、「イオンファンタジー」)が展開する「モーリーファンタジー(子どもとそのファミリーを対象としたアミューズメント施設)」のメダルゲーム機への抗菌・抗ウイルスコーティングを実施、検証してきました。
当社は今般、より多くのお客さまに「安全・安心」に楽しいひとときをお過ごしいただくために、接触感染防止対策の対象範囲を拡げ、2月末までに全国約200店舗を対象に、メダルゲーム機を含むお客さまが直接触れられる機器に対して、コーティング施工を順次実施していきます。
◆イオンディライト株式会社: https://www.aeondelight.co.jp



[画像1: https://prtimes.jp/i/60460/17/resize/d60460-17-771005-0.png ]

今般対象範囲を拡大する抗菌・抗ウイルスコーティングは1月中旬より全国の大型店舗を中心とする「モーリーファンタジー」「PALO」約200店舗を対象に施工を順次実施、2月末までに完了を予定しています。抗菌・抗ウイルスコーティング剤は、医療機関での導入実績が豊富であり、SIAA※1による品質と安全性のルールに適合、当社において実証実験済みであるプラチナを原料とするナノ金属触媒の製品を採用し、店舗内の対象機器への噴霧・塗布によりコーティングを実施します。

[画像2: https://prtimes.jp/i/60460/17/resize/d60460-17-381491-1.png ]

加えて、イオンファンタジー店舗内で実施されるゲーム機器・遊具等の日常の拭き上げ清掃は、当社が2020 年 9 月より開始した防疫対策を組み入れた清掃サービス「ニュースタンダードクリーニング」※2の清掃マニュアルに則り実施されています。当社は、科学的根拠に基づいた衛生的な施設環境をご提供してまいります。

※1 SIAAマーク
抗菌製品技術協議会(SIAA)が制定した抗菌のシンボルマークで、抗菌性・安全性・適切な表示の3点を満たした製品に表示される。
※2「ニュースタンダードクリーニング」
詳細については、2020 年 8 月 31 日付「ウィズコロナ時代の新たな清掃基準でサービスを開始」をご参照ください。

実施店舗

・イオンファンタジーが運営する全国の「モーリーファンタジー」「PALO」 計全国216店舗


実施箇所

(1)メダルゲーム機・体感ゲーム機・クレーンゲーム機・シール機・カードゲーム機・カプセルトイ本体
(2)両替機・メダル貸機・メダル預かり機
(3)ゲーム機用椅子
[画像3: https://prtimes.jp/i/60460/17/resize/d60460-17-130689-3.png ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/60460/17/resize/d60460-17-156902-2.png ]


当社は、「お客さま、地域社会の『環境価値』を創造し続けます。」を経営理念に掲げるファシリティマネジメント企業として、引き続き、2020年6月30日にイオンが制定した「イオン新型コロナウイルス防疫プロトコル」を踏まえた防疫対策をお客さまの施設に提案してまいります。防疫対策を一時的な取り組みでなく継続的に実行していくことで、防疫が生活の一部となる社会を実現し、お客さま及び従業員の健康と生活を守り、地域社会に「安全・安心」な施設環境を提供してまいります。


当社の新型コロナウイルスに対する取り組み
https://www.aeondelight.co.jp/covid19/

株式会社イオンファンタジー 安全安心のために お客さまへ
https://www.fantasy.co.jp/newnormal2020/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング