私たちにもできる♪ 復興支援プロジェクト 「みんなの絆茶」

PR TIMES / 2013年7月8日 11時56分

私たちにもできる♪ 復興支援プロジェクト 「みんなの絆茶」

耐熱ガラスメーカーのHARIO株式会社(本社・東京都)は、HARIOの工場がある茨城県猿島(さしま)地域で生産される銘茶「さしま茶」の生産者と一緒に、東北復興支援プロジェクト「みんなの絆茶」を立ち上げました。
このプロジェクトは、地元のおいしいお茶をより多くの人に知ってもらいたい、東北復興に少しでも協力したい――という思いから、両者が協力して企画したもの。さしま茶の各農園から厳選した茶葉を集め、ブレンドして作ったこだわりの緑茶と茶器のセット「みんなの絆茶」を購入すると、お茶1gにつき1円が東北の被災地へ寄付されます。
今後もHARIOでは、長期的に東北被災地復興に向けて協力していきたいと考えております。




 ~ さしま茶を知っていますか ~
猿島(さしま)地域は、鬼怒川と利根川に挟まれた茨城県西部に位置。正保元年(1644年)からこの地域で生産される「さしま茶」は、お茶に適した土壌と気候の中で育ち、製茶すると濃厚な味と香り、深いコクが特徴。現在は深蒸し製法が主流で、生産者が茶樹の栽培から茶の加工・販売まで一貫して行い、消費者に「顔」の見える販売を実践しています。「みんなの絆茶」は、各農園から厳選された茶葉を集め、ブレンドして作ったこだわりの緑茶です。

●あのペリー提督も絶賛!●
「さしま茶」の生産が始まったのは江戸時代初期。幕末の1854年、黒船とともに来日したペリーが口にして、その高貴な香りと深い味に感銘したと言われています。1859年には、評判を聞きつけたポール商会により日本茶輸出第一号としてアメリカに渡り、海外でも好評を得たお茶なのです!

■みんなの絆茶推進委員会…さしま茶の農園と同じ猿島地域に工場をもつHARIOが東北の復興支援を目的とした委員会。山中製茶 (古河市恩名)/坂入製茶 (常総市篠山)/根本園 (坂東市生子)/ 石橋園(坂東市沓掛)/野口園(境町猿山)/飯田園 (境町蛇池)/HARIO株式会社 (古河市諸川)


■寄付先について…集めた義援金は毎年9月、被災した地域の経済的に困難な子どもたちのために寄付する。情報はHARIOホームページで公開。
<寄付先> いわての学び希望基金/みやぎこども育英基金/ふくしまこども寄付金


HARIO×さしま茶 「みんなの絆茶」
お茶1gにつき1円を東北復興に寄付します。

「みんなの絆茶」は、さしま茶の各農園から厳選された茶葉を集め、
 ブレンドして作ったこだわりの緑茶です。


1.茶茶急須セット
■価格:3,150円(税込)※送料無料
■みんなの絆茶100g×3パック+茶茶急須(450ml、お茶の出具合が良く見えて使いやすい急須。耐熱ガラス製)

2.茶茶急須 ふかみセット
■価格:4,200円(税込)※送料無料
■みんなの絆茶100g×3パック+ふかみ(450ml、茶こしが大きく深蒸し茶がおいしく淹れられる。耐熱ガラス製)

3.水出し茶ボトルセット 
■価格:3,150円(税込)※送料無料
■水出し用・みんなの絆茶100g×2パック+フィルターインボトル(750ml、ワインボトル型のおしゃれな水出し茶用ボトル。フィルターがセットされているので、そのまま注げる。耐熱ガラス製)

4.絆茶5パックセット
■価格:4,200円(税込)※送料無料
■みんなの絆茶100g×5パック

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング