衣類をケアし長く楽しむ「トータルランドリーケア」を提唱するMieleの人気ランドリーシリーズ「T1衣類乾燥機」2020年4月23日(木)発売

PR TIMES / 2020年4月9日 14時45分

Miele初のヒートポンプ方式採用による消費電力低減と、Miele独自のフレグランス自動投入、スチーム仕上げ機能を搭載

ミーレ・ジャパン株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:松原秀樹)は、2020年4月23日(木)より、Mieleランドリーシリーズ「T1衣類乾燥機TCJ680 WP」を発売します。
「T1衣類乾燥機TCJ680 WP」は、Miele初のヒートポンプ方式採用により、従来製品より大幅な節電を実現しました。衣類に香りづけが可能な「FragranceDos2」、水の噴射でシワを伸ばす「SteamFinish」、モバイルアプリより操作ができる「WiFiConn@ct」を新機能として搭載しています。




[画像1: https://prtimes.jp/i/43399/18/resize/d43399-18-524505-0.jpg ]

洗濯機製造のパイオニアMieleが提案する、衣類をケアし長く楽しむ「トータルランドリーケア」
 洗練されたデザイン性と機能性・耐久性に優れ、クラフトマンシップの精神を貫くMieleは、1901年に発売した洗濯機第一号機から約120年にわたり洗濯機製造のパイオニアとして、洗濯・乾燥・洗剤に至るまでの総合的な衣類ケア「トータルランドリーケア」を提唱しています。Mieleが生まれたドイツでは、洗濯は汚れを落とすだけでなく、“衣類をケアする”ことを大切にし、衣類の素材や汚れに合わせた“洗いわけ”が主流です。
Mieleは洗浄力に必要な4つの要素「時間」「温度」「機械力」「洗剤力」を総合的に提案できる製品群の提供により、日本のランドリー市場においても「衣類をケアしながら長く楽しむ」文化を広めていくことを目指しています。

「エコ」・「時産」が叶う新機能搭載で、快適な洗濯時間を提案
 「T1衣類乾燥機TCJ680 WP」は最大容量9kgと大容量ながら、Miele初のヒートポンプ式採用により、従来のコンデンサー方式に比べ大幅な節電を実現しました。3つの新機能として、水の噴射でしわを伸ばす「SteamFinish」、モバイルアプリからの操作が可能な「WiFiConn@ct」、Mieleオリジナルのフレグランスフラコンによる衣類の香りづけ自動投入「FragranceDos2」を搭載しています。また、本製品は、ヨーロッパ規格において最も高い乾燥効率クラスAを獲得し、高効率の乾燥テクノロジーにより、庫外への湿気放出を軽減することで、乾燥中でも快適な室内空間を保ちます。エネルギー効率においてもヨーロッパで最高水準のA+++を獲得。環境にもやさしく、効率よく快適な仕上がりを実現します。
2019年発売の同シリーズ「W1洗濯機 WCI660 WPS」や、Mieleオリジナル洗剤を合わせてお使いいただくことで、総合的な衣類のケア「トータルランドリーケア」の効果をさらに高めます。

  Mieleは、洗練されたデザインと機能性に優れたプロダクトを通して、快適かつスマートな住空間でのクリエイティブな時間や、家事負担軽減によりもたらされる家族との時間等、日々を豊かにする“Mieleのある暮らし”を提案します。

<T1⾐類乾燥機 TCJ680 WP>

[画像2: https://prtimes.jp/i/43399/18/resize/d43399-18-997033-12.jpg ]

製品名 :T1⾐類乾燥機 TCJ680 WP
発売日 :2020年4月23日(木)
価 格 :¥360,000(税抜)
サイズ :W596xD636xH846~854mm
乾燥容量 :9.0kg

Miele独自のハニカム(蜂の巣)状のドラム表面により、衣類は高く持ち上げられ温風の中で漂い、均一な乾燥につながります。また、落下時の衝撃をエアクッションが和らげることでしわが低減し、アイロンがけがしやすくなります。
ドラム容量は120リットルと、WT1洗濯乾燥機と比較し約2倍の乾燥容量です。
透明窓仕様で、洗濯機とのデザインの統一感も生まれます。単独置き・2段積み・スロットイン・ビルトインまでご家庭の形状に合わせた設置が可能です。

主な特徴

[画像3: https://prtimes.jp/i/43399/18/resize/d43399-18-671931-1.jpg ]


EcoDry(エコドライ)テクノロジー


Mieleが日本国内で発売する⾐類乾燥機として初めて、ヒートポンプ方式を採用(従来はコンデンサ方式)。消費電力が従来の半分以下の1.45kW*と、電気代の節約につながります。また、熱交換器の効率的なフィルターシステムは、ホコリによる乾燥効率低下を防ぎます。
*1200rpm脱水後コットンノーマルプログラム使用時
FragranceDos2(フレグランスドス2)
フレグランスフラコン(別売)を使用して、洗濯物に快適な香りをつけることができます。挿入位置を2つ備え、お好みによって香りの切り替えや強調ができます。
SteamFinish(スチームフィニッシュ)
ドラム内に噴射された水が温められてスチームとなり、洗濯物のしわを伸ばします。これによりアイロンがけがしやすく、あるいは不要になります。
WiFiConn@ct(ワイファイコネクト)※後日対応予定(2020年4月現在)
W1洗濯機同様「WiFiConn@ct」対応製品です。スマートフォンやタブレットに「Miele@mobile」アプリをインストールすると、⾐類乾燥機の状態確認や操作プログラム選択に関するアシスタント機能の使用などにより利便性が高まります。外出先でも見たいときにアクセスできます。
EcoFeedback (エコフィードバック)
電力使用量の予測と確認ができます。

<T1衣類乾燥機用フレグランスフラコン>
フランスプロヴァンス地方の香水スペシャリストがMieleのために特別に開発、一人一人のお好みに合う心地よい香り3種類を展開。フラコン1個の容量12.5mlで、乾燥サイクル約50回分使用できます。
T1衣類乾燥機に設置するだけで自動で香りをつけ、また香りの強さも調節可能です。香りは数週間持続します。

[画像4: https://prtimes.jp/i/43399/18/resize/d43399-18-999564-10.jpg ]

製品名 :フレグランスフラコン
発売日 :2020年4月23日(木)
価 格 :¥4,000(税抜)
種類 :AQUA(アクア)フレッシュな香りで、ピュアな清潔感が際立つ。

 COCOON(コクーン)落ち着いて調和のとれた心地よい香り。
 NATURE(ネイチャー)フローラルアロマのナチュラルで爽やかな香り。
  ※COCOONとNATUREは2020年5月頃発売予定

発売記念特別価格キャンペーン
期間限定で「T1衣類乾燥機TCJ680 WP」を特別価格で販売します。
 製品名 :T1衣類乾燥機TCJ680 WP
 期間 :2020年4月23日(木)から7月22日(水) 
 価格 :¥330,000(税抜) ※通常価格¥360,000(税抜)

購入特典でフラグランスフラコン進呈
「T1衣類乾燥機TCJ680 WP」をご購入いただいた皆様に、購入特典として、フレグランスフラコン(AQUA)を進呈します。さらに2つ目のフレグランスフラコンも無料で購入いただけるクーポンもプレゼント。
[画像5: https://prtimes.jp/i/43399/18/resize/d43399-18-149268-7.jpg ]


<W1洗濯機 WCI660 WPS> ※2019年7月1日発売
[画像6: https://prtimes.jp/i/43399/18/resize/d43399-18-970365-13.jpg ]

製品名 :W1洗濯機 WCI660 WPS
価格 :¥380,000 (税抜)
サイズ :W596xD636xH846~854 mm
洗濯・脱水容量 :9.0kg

ボタンを押すだけで洗剤の自動投入が可能なTwinDos(ツインドス)、ウールなどの特別な素材も専用のカプセル式洗剤をセットするだけで、素材に合わせた理想的な洗い上げを実現するCapDosing(キャップドーシング)機能を搭載。スマートフォンやタブレットでの操作により、より利便性高い洗濯を可能にします。洗濯の最後にしわを伸ばすプロセスを行うプレアイロニング機能は、アイロンの手間を約50%軽減します。
詳細はこちらからご確認をお願いします: https://www.miele.co.jp/m/1085.htm

「トータルランドリーケア」をさらに高めるMieleのオリジナル洗剤
Mieleランドリー機器用に特別に配合された純正の洗剤は洗浄力に優れ、衣類にやさしく、Mieleランドリー機器の性能を最大限に引き出します。プログラム・素材に合わせた洗剤を使用することで、すっきりと洗い上げ、理想的な仕上がりを実現するとともに、「トータルランドリーケア」の効果をより高めます。また多めに入れてしまいがちな洗剤を適切な量にして洗うことで環境に負荷の少ないお洗濯ができます。

液体洗剤自動投入システムTwinDos搭載洗濯機・洗濯乾燥機用。ボタンを押すだけで理想的な洗い上がりに。
ウルトラフェーズ1および2
[画像7: https://prtimes.jp/i/43399/18/resize/d43399-18-447682-6.jpg ]

洗濯物の色の組み合わせやプログラムに従い自動で適量が投入されます。
白物および色物の2段階式液体洗剤。低温でも優れたシミ抜き効果を発揮します。
自動投入のため、余分な洗剤の使用も防止します。容量1.4L。

カプセル式洗濯洗剤・柔軟剤・シミ抜き剤。特別な素材のアイテムも簡単投入で最適な仕上がりに。
アクア/ウールケア/スポーツウェア/ブースター
[画像8: https://prtimes.jp/i/43399/18/resize/d43399-18-314449-5.jpg ]

[画像9: https://prtimes.jp/i/43399/18/resize/d43399-18-712415-11.jpg ]

ウールなどのデリケートな衣類や、アウターウエア・スポーツウェアのような特別なお手入れが必要なアイテム専用の洗剤と、柔軟剤・シミ抜き剤。1回ずつ小分けになったカプセルをディスペンサーにセットするだけで、洗濯の最中に最適なタイミングで洗剤を自動投入します。

Miele洗濯機用の純正洗剤。白物・色物・デリケート素材まで、優しく洗い上げ理想的な仕上がりを叶える。
ウルトラホワイト(パウダー)/ウルトラカラー(パウダー・リキッド)
ウールケア、ファブリックコンディショナー(柔軟剤)、 
特別洗剤(アウトドア・ダウン・スポーツウェア)
[画像10: https://prtimes.jp/i/43399/18/resize/d43399-18-553496-9.jpg ]

少量の洗剤ですっきりと洗い上げます。清潔かつより明るく白く仕上げる白物用から、鮮やかなカラーを保護する色物用、デリケート素材を優しく洗い上げる特別洗剤まで幅広く展開。
たまにしか洗う必要のないダウンや高通気性素材を使用した衣類や、特に上質な衣類向けのシンプルでコンパクトな洗剤もご用意し、洗濯しにくい衣類を優しくきれいに洗い上げます。
すべてTwinDos搭載の洗濯機・洗濯乾燥機にもお使いいただけます。
[画像11: https://prtimes.jp/i/43399/18/resize/d43399-18-579954-4.jpg ]


洗濯家 中村祐一さん からのコメント
[画像12: https://prtimes.jp/i/43399/18/resize/d43399-18-489456-8.jpg ]

Profile
1984年3月1日生まれ。長野県伊那市のクリーニング会社「芳洗舎」3代目。
「洗濯から、セカイを変える」という信念のもと、2006年から「洗濯アドバイス」という分野を切り開いてきたパイオニア。洗濯から考える、よりよい暮らし方の提案を行い、「衣・食・住」における「衣文化」の革新に洗濯の側面から取り組む。「洗濯王子」の愛称で、テレビ・雑誌など各種メディアにも多数出演。

洗濯は、衣類本来の機能を長持ちさせ、衣類を大切にするために行うもの。
「トータルランドリーケア」を通じ、衣類を消費するのでなく、手入れし長く使う文化が広がってほしい。

―洗濯は、「服を大切にするもの」という考えのもと、服本来の機能を長持ちさせるためのもの衣類は素材により性格が異なります。例えば、綿とポリエステルでは、ポリエステルの方が汚れやすく、2つの素材を一緒に洗ってしまうとポリエステルが汚れを吸着し、白かったものが黒ずんでしまいます。 ですので、できれば素材ごとに分けて洗いあげることが理想です。素材をベースに考えながら洗うことで、衣類が傷まず、より綺麗に洗濯することができます。そして、衣類にあった洗濯ができるようになると、着る人の肌や着心地の好みに合わせた洗濯もできるようにもなりますよ。

洗濯は、汚れを落とすものだと思われがちですが、本当は「服を大切にするもの」という考えが大事です。これからは衣類を消費するのでなく、衣類をきちんと手入れして長く使っていくために、洗濯も、服本来の機能を長持ちさせるものであるという文化がもっと広まればいいなと思っています。

―Mieleの洗濯機は、洗濯プログラムが細かく設定でき、まさに「腕のいい頑固な料理人」僕自身、長野のアトリエでMieleの洗濯機と衣類乾燥機を利用しています。特にシャツを白く仕上げたい時に、黄ばみの原因である“皮脂汚れ”がしっかり落ちる「高温洗浄」を行うMieleの洗濯機を必ず使っています。
Mieleは繊維やアイテムによって細かく洗濯プログラムが設定できるのですが、素材が持つ個性や、「衣類をケアする」ということについて、よく考え、独自の「哲学」を持っていることが伺えます。
Mieleの洗濯機を料理で例えると、手軽な時短料理などがある一方で、Mieleは独自のレシピ(洗濯プログラムが豊富)があるので、言うなれば「腕のいい頑固な料理人」のイメージがしますね。

―衣類乾燥機は、乾燥させるだけでなく、衣類をふんわりと仕上げる「回転式温風アイロン」
衣類乾燥機は、タオルやニットや毛布をふんわりとさせたり、ダウンの膨らみを戻すなど、仕上がりを一段階アップさせるためのものですので、乾燥機をただ乾かす装置として考えるのはもったいない!
僕は、衣類の「仕上げ機」として認識し、乾燥機を「回転式温風アイロン」と呼んでいるほどです。特に春は土埃や花粉が付着しやすい時期ですので、外には干さずに、乾燥機と中干しを併用することで、より清潔な仕上がりが実現しますよ。
またセパレートで、洗濯機と乾燥機が分かれていると、洗濯→乾燥の作業効率も上がるので、そういう面でもおすすめです。






企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング