ドン・キホーテグループ事業所内保育施設『ドンキッズ』開設!

PR TIMES / 2016年9月27日 15時9分

~ドン・キホーテグループとママスクエアは子育て世代を応援します~

株式会社ドンキホーテホールディングス(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:大原孝治)は、ドン・キホーテグループ事業所内に株式会社ママスクエア(本社:東京都港区、代表取締役社長:藤代聡)が運営する保育施設『ドンキッズ』を開設します。



[画像: http://prtimes.jp/i/19436/19/resize/d19436-19-543774-0.jpg ]

株式会社ドンキホーテホールディングス(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:大原孝治)は、ドン・キホーテグループ事業所内に株式会社ママスクエア(本社:東京都港区、代表取締役社長:藤代聡)が運営する保育施設『ドンキッズ』を開設します。


ドン・キホーテグループは、従業員一人ひとりの働き方を尊重するとともに、自己実現を応援し、やりがいのある職場環境を醸成することで、お客さまのニーズに全力でお応えし、地域の皆さまにご満足いただける店舗づくりに努めています。

『ドンキッズ』はドン・キホーテグループ従業員が利用できる保育施設で、2016年11月中旬にオープンする「MEGAドン・キホーテ八千代16号バイパス店」および12月上旬にオープンする「MEGAドン・キホーテ環七梅島店」に開設するほか、他のドン・キホーテグループ事業所数カ所でも年内の開設を予定しています。

ショッピングモール内や企業の事業所内の保育施設で培ったママスクエアのノウハウを活かして運営する『ドンキッズ』には、保育士等のキッズサポートスタッフが常駐し、土・日・祝日を含む毎日9:00~22:00まで年中無休で営業します。9:00~18:00までは1歳から6歳までの未就学児を保育し、18:00~22:00までは小学生が対象となります。(※店舗により営業時間が異なります。)

また、防犯カメラや電子施錠を完備し、お子さまへのお弁当の提供や土・日・祝日や長期休みには普段はお預かりしていない低学年の兄弟もお預かりするなど、保護者が効率よく安心して働ける環境を提供するとともに、保護者が仕事している時間をお子さまが楽しく過ごせるように遊びと勉強のサポートをします。

今後もドン・キホーテグループとママスクエアは子育て世代を応援し、企業の社会的責任の実践を進めてまいります。

■MEGAドン・キホーテ八千代16号バイパス店「ドンキッズ」概要
所在地:千葉県八千代市村上1245
開園日:2016年11月中旬
対象:MEGAドン・キホーテ八千代16号バイパス店従業員
定員:19名
保育施設面積:99.15m2  (うち保育スペース74.43m2 )

■MEGAドン・キホーテ環七梅島店「ドンキッズ」概要
所在地:東京都足立区中央本町5-5-14
開園日:2016年12月上旬
対象:MEGAドン・キホーテ環七梅島店従業員
定員:19名
保育施設面積:70.96m2  (うち保育スペース55.22m2 )

※ 新店舗の詳細及び今後の保育施設の設置予定につきましては、改めてご案内申し上げます。

○ドン・キホーテグループとは
純粋持株会社「(株)ドンキホーテホールディングス」の下に、リテール事業「(株)ドン・キホーテ」、「(株)長崎屋」、「ドイト(株)」、「MARUKAI CORPORATION」、「Don Quijote (USA)」、テナント賃貸事業「日本商業施設(株)」、金融サービス事業「アクリーティブ(株)」及び商業施設の管理・運営事業「日本アセットマーケティング(株)」などで構成されている企業集団です。「ビッグコンビニエンス&ディスカウントストア」を事業コンセプトとする時間消費型小売業「ドン・キホーテ」を中核事業として、「顧客最優先主義」を企業原理に掲げ事業活動を展開しています。

○ママスクエアとは
「子どものそばで働ける世の中を作りたい」という思いから生まれた「ママスクエア」は、現在、関東・関西で6店舗を展開。ワーキングスペースに託児機能と親子カフェを併設したワーキングカフェを企画・運営し、ママが子どものそばで働ける、保育園でもない在宅でもない新しいワーキングモデルを確立しました。ママスクエアの運営・展開で培ったキッズスペースのノウハウを事業内託児の分野でも事業展開をしています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング