疾患啓発サイト「イタみる」、YouTubeにて患者さんの実体験を紹介する動画「腰痛と骨折の危険な関係」を12月13日より公開

PR TIMES / 2012年12月13日 18時12分

歳のせいだと思っていませんか?少し重い荷物を持った、布団の上げ下ろしをした、農作業をした…それだけで骨折?!



日本イーライリリー株式会社(本社:神戸市、代表執行役社長:アルフォンゾ・G・ズルエッタ)は、多くの高齢者が「歳のせい」と放置している腰痛には骨折の危険性があることを、患者さんの声を通じてお伝えする動画「腰痛と骨折の危険な関係」を制作しました。骨粗しょう症による骨折の危険性を、「自分自身のこと」、または「自分の家族のこと」と捉えていただくことを目的としています。動画は、弊社骨粗しょう症啓発サイト「イタみる」(http://itamiru.jp)にて本日より公開します。また、併せてYouTubeにも動画を公開し、腰痛と骨粗しょう症による骨折の関係を広く啓発していきます。

動画:「腰痛と骨折の危険な関係」(http://itamiru.jp

腰痛は、多くの高齢者が訴える症状のひとつですが、その原因に骨粗しょう症による「骨折」が関わっている可能性はあまり知られていません。特に背中や腰の部分を骨折(椎体骨折)した場合、患者さん自身が「転倒」などのあきらかなきっかけ以外に、「重い荷物をもった」「布団を押し入れに入れた」「農作業をした」などの日常の動作から骨折を起こしていることも多いのです。そのような場合、たとえ痛みを感じても、「歳だから」とあきらめている場合が多く、腰痛と骨折の結びつきが見過ごされている可能性があります。

今回、制作した動画には、二人の患者さんが登場します。ひとりは、ご主人が椎体骨折で通院されている一方、ご自分も背中の痛みや日常生活の不自由を感じつつ「歳だから仕方ない」と考えておられた80代の女性。検査の結果、骨折が見つかりました。もうひとりは、一度しりもちをついて 激痛を感じたものの、最初の病院では骨折と診断されず、続いて起こった二度目の骨折のため救急車で搬送され手術、要介護となった70代の男性。それぞれ主治医の解説を交えながら、腰痛と骨粗しょう症による骨折の関係を伝えています。

なお本動画は、弊社提供番組「知らないとこんなに怖い 徹底追跡!骨粗しょう症がわかる テレビ」(BS-TBS:12月15日午前11時放送予定)のダイジェストです。本編では、「自分は食事も運動も気をつけているし大丈夫」と思っていた60代の女性が骨量減少と診断された例や、一度骨折を起こしたものの継続的に真摯に治療に取り組んできたことで、いまも自立した生活をしている70代の女性の様子も取材しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング