サンディスク、世界最速のSDカード 『サンディスク エクストリーム プロ SDHC(TM)/SDXC(TM) UHS-IIカード』を4月より出荷開始

PR TIMES / 2014年2月12日 14時5分

250MB/秒の書込み速度と280MB/秒の読取り速度を実現



サンディスク株式会社(本社:東京都港区)は本日、世界最速のSDカード、「サンディスク エクストリーム プロ SDHC(TM)/SDXC(TM) UHS-II カード」を4月に出荷開始することを発表しました。最新の高速SD規格となるUHS-II 規格に準拠した新製品は、最大250MB/秒[※1]の書込み速度でカメラでの高速連写撮影を可能にし、最大280MB/秒[※1]の読取り転送速度でパソコンでのワークフローを最大限に効率化します。「サンディスク エクストリーム プロ SDHC(TM)/SDXC(TM) UHS-II カード」はUHSスピードクラス3 (U3) [※2]に対応し、4K動画の撮影も可能です。

米調査会社IDCのワールドワイド・デジタル・イメージング部門のリサーチディレクター、クリストファー・シュート氏は次のように述べています。「カメラメーカーが、より高速の連写性能を備え、更に4K動画撮影を可能とするコンシューマーやプロフェッショナル向けモデルを急速に展開している以上、メモリーカード技術も同様のペースで進化させ、カメラの特徴を最大限に活かせるメモリーカードをユーザーに提供していく必要があります。サンディスクがエクストリーム プロ UHS-II SDカードを発売することで、パフォーマンスレベルがさらに向上し、プロの写真家やビデオ制作会社、映画会社は、プロフェッショナル向け次世代カメラの性能を最大限活用できます」

次世代ハイエンドのデジタル一眼レフカメラやビデオカメラ用に最適化されたUHS-II新規格に準拠し、「サンディスク エクストリーム プロSDHC/SDXC UHS-II カード」は、プロカメラマンの厳しい要求に応える比類なき高性能を備えています。最大250MB/秒の高速書込みにより、大容量データとなるRAW+JPEGの高速連写撮影での高画質写真がより多く撮影できます。さらに業界最速の読取り/書込み速度に加え、30MB/秒の最低転送速度(U3)を誇る最高水準のビデオパフォーマンスを提供し、シネマレベルの4K動画や3D、フルHD動画の撮影も可能です[※3]。

サンディスクの製品マーケティングディレクター、スーザン・パークは次のように述べています。「新しいサンディスク エクストリーム プロSDHC/SDXC UHS-II カードは、現行カードの3倍近く高速になることによりUHS-Iにおける制限を克服することができます。フラッシュストレージ業界のリーダーとしての当社のゴールは、マーケットで最速のメモリーカードを提供し、次世代のカメラがさらに高いレベルのパフォーマンスを最大限に活かすことができるようにすることです。当社は、引き続きデジタルイメージングとビデオ業界における技術革新を牽引してまいります」

PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング