【三井ガーデンホテルズ:環境への取組み】ECOガーデンカード サンクスキャンペーン 8月10日(金)スタート

PR TIMES / 2012年8月3日 14時58分



三井ガーデンホテルチェーンを運営する株式会社三井不動産ホテルマネジメント
(東京都中央区日本橋室町3-1-9 代表取締役社長 石田健)は、2008年3月より
廃棄物の削減と環境創造(緑の保全)を目的に全施設で実施している「ECOガーデン
カード」の運用が、今年5年目を迎えることを記念して、お客様へサンクスキャンペーン
を実施いたします。



<ECOガーデンカード サンクスキャンペーン概要>
ご宿泊者が客室内のアメニティを1つも使用せず、「ECOガーデンカード」を
フロントにお持ちいただきますと、お客様に代わって環境保護団体に寄付します。
さらにお客様に「Green Kit」(発芽セット)※をプレゼントいたします。

期間:2012年8月10日(金)~8月31日(金)

条件:ECOガーデンカード1枚につき、
   「Green Kit」 1個プレゼント(なくなり次第終了)

※「Green Kit」
 自立式で簡単に楽しめる発芽キット。固形用土をぬるま湯で
 ふくらませて種をまいて植物を育てられます。
 (種類:なでしこ・バジル・ワイルドストロベリー・ロケット)

対象ホテル:三井ガーデンホテル 全16ホテル
      銀座プレミア・汐留イタリア街・四谷・上野・蒲田・
      札幌・仙台・プラナ東京ベイ・千葉・柏・
      京都三条・京都四条・大阪淀屋橋・岡山・広島・熊本



<ECOガーデンカードとは>
趣旨にご賛同されたご宿泊者が、客室内のアメニティボックスのアメニティを
使用されなかった場合、添えてある「ECOガーデンカード」をフロントにお持ち
いただくと、お客様に代わり、ホテルから環境保護団体に寄付する取り組み。


<ECOガーデンカード 寄付>
目的   国内の植林並びに森林整備による環境保護活動の推進
寄付先  公益財団法人 オイスカ※
寄付額  3,420,500円(2012年6月末時点、累計額)

※公益財団法人オイスカ
 1961年に日本のNGO法人の草分けとして設立された団体です。
 長年の活動が評価され、1993年に「地球サミット賞」を受賞し、1995年には
 国連経済社会理事会の最高位である「総合諮問資格」を取得しているNGO法人です。



企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング