『終活ライフケアプランナー養成講座』新規リリース!

PR TIMES / 2014年12月2日 10時20分

―大学教授・専門家が直接指導!わずか3ヶ月で、終活に必要な専門知識が全て身につく本格通信講座―

通信教育事業を展開する株式会社キャリアカレッジジャパン(本社:広島県広島市、代表取締役:横田 正隆)は、『終活ライフケアプランナー養成講座』を新規開講いたしました。



────────────────────
■講座概要
────────────────────
本講座は、スピリチュアルケアや終末期ケアについて大学で教鞭をとる「井上ウィマラ(いのうえうぃまら)」講師と、終活に関する多数のセミナーや講演実績を持つ「高橋佳良子(たかはしかよこ)」講師監修の、プロの終活ライフケアプランナーを目指すことができる通信講座となっています。
講座では、終活に伴う“医療・介護・葬儀・お墓・相続”などの学習はもちろん、“終末期ケアや死生観”など、死に直面した相談者の気持ちをケア・理解する専門的な知識を身につけることができ、はじめて終活を学ぶ方でもプロとしてのスキルをわずか3ヶ月で習得することができます。
講座修了後には、一人ひとりのお客様の悩みを聴き、終活に関するサポートが行えることを証明する一般財団法人 日本能力開発推進協会(JADP)認定の終活ライフケアプランナー資格の取得が目指せ、終活の現場で即戦力として活躍できます。

────────────────────
■開発の背景
────────────────────
日本は典型的な高齢化社会です。65歳以上の人口が総人口の何割を占めているかによって、高齢化社会は3種類に分類されていますが、日本はその中でも最も高齢者人口率の高い超高齢社会(高齢化率21%以上)に認定されています。ひと昔前までは、死への事前準備を本人がするなどという考え方はありませんでしたが、現代は残された家族に迷惑をかけたくない、自分のことは自分で決めたいという風潮が強く、自分の死についても自分で考える時代となっています。
そういった高齢者たちのニーズに応え、介護や葬儀などの知識はもちろん、終末期ケアや死生観など、死に直面した相談者の気持ちをケア・理解する専門的な知識を持つ終活ライフケアプランナーの養成が急務となっています。
そこで、キャリアカレッジジャパンは、経験豊富な終活の第一人者を講師に招き、初心者でもプロの終活ライフケアプランナーを目指すことができる講座を開発しました。

────────────────────
■終活ライフケアプランナー養成講座の特長
────────────────────
キャリアカレッジジャパンの『終活ライフケアプランナー養成講座』は、終活をはじめて学ぶ方や、毎日忙しく決まった勉強時間が取れない方、働きながら学びたいという方でも、ムリなく学んで資格を取得できる工夫が満載の講座となっています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング