百五銀行が、システナのスマートフォン向け不正送金・フィッシング詐欺対策アプリ 「Web Shelter(R)」を採用

PR TIMES / 2014年8月18日 10時49分



 株式会社システナ(本社:東京都港区海岸1丁目2番20号)は、株式会社百五銀行(本店:三重県津市岩田21番27号)が、スマートフォン向け不正送金・フィッシング詐欺対策アプリ「Web Shelter(R)」を採用し、2014年8月18日(月)から同行に口座を持つユーザ様向けにサービス開始することを発表します。

「Web Shelter(R)」は、スマートフォンからのWEBアクセスにおけるフィッシングサイトへの誘導や不正送金、WEBサイトのなりすましなどのセキュリティ脅威をブロックし、安心で安全なスマートフォン向けWEBサイト(以下、スマホサイト)へのアクセスを提供するソリューションです。

スマートフォンが急速に普及し、スマートフォン端末からの電子商取引やオンラインバンキングなどのサービス環境も急速に整いつつあります。その一方で、フィッシング詐欺や個人情報の抜き取りなどのセキュリティ脅威に対する対策は、個々のユーザによる注意やセキュリティ対策ソフト導入に依存しています。こうした状況の中で、システナの「Web Shelter(R)」は、独自のセキュリティ環境を用意することで、金融機関やECサイト運営事業者のスマートフォンユーザ様へ安心、安全なオンラインバンキングを提供します。

「Web Shelter(R)」についてはhttp://webshelter.systena.co.jpに詳しいご案内を掲載しています。

「Web Shelter(R)」は、業界唯一、以下に示すインターネットバンキングに関連するセキュリティ機能をトータルに備えたブラウザアプリです。


許可されたURLへのみアクセスを可能とします。
サーバの真正性チェックを行い、接続先サーバになりすましがあった場合は、ただちにアプリを終了します。
アプリ起動時に、スマートフォンのルート化チェックとアプリ自体の改ざんチェックを行い、問題があった場合はスマホサイトへのアクセスを許可しません。
お客様独自のフィッシングサイト検知ルールに基づき、標準ブラウザの動作を厳重に監視します。フィッシング詐欺メールに書かれたURLに標準ブラウザで接続しようとした場合、ユーザに警告を行いフィッシングサイトへの接続をブロックします。
最新の脅威データベースを元にしたマルウェア(ウィルスアプリ)チェック機能により、悪意のあるアプリが端末にインストールされた場合、ユーザに警告を行います。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング