秋田県初!インクグロウと秋田銀行、事業承継支援で業務提携

PR TIMES / 2020年8月4日 17時45分

『事業引継ぎ.net』を活用して金融機関ネットワークを活用した“マッチング”を強化

中小企業の事業引継ぎを支援するマッチングサイト「事業引継ぎ.net」( https://www.hikitsugi-net.com/)を運営するインクグロウ株式会社(所在地: 東京都中央区、代表取締役社長: 鈴木 智博)は株式会社秋田銀行(本社:秋田県秋田市 取締役頭取:新谷 明弘)と業務提携に至りましたのでお知らせいたします。
本提携により、秋田県での“地域内承継”を推進すると共に、東北地区での金融機関ネットワーク構築を通じた地域内での事業引継ぎ支援を本格的に展開してまいります。



■業務提携の背景
経営を引き継ぐ後継者が決まっていない東北の中小企業は全体の51%に上り、特に秋田県は66.4%と東北6県で最も高く、全国3位です。また、後継者がいる企業の内訳は「同族承継」が73%を占め、「内部昇進」が16.2%、「外部招聘」が10.3%となっており、今後、第三者承継(M&A)を選択肢の1つとして推進する事が求められています。(東京商工リサーチ2019年「後継者不在率」調査)

そのような中で、昨今の新型コロナウイルスの影響により事業継続への不安から会社や事業の譲渡を選択肢として検討する企業が増加し、一方で市場変化への対応やこの状況を機に業容を拡大させるために事業の譲受を検討する企業も増加しています。国も中小企業者の経営資源の引継ぎを後押しする補助金の受付を開始するなど、第三者承継(M&A) を活用した事業承継や事業転換が加速する事が想定されます。

今後高まる第三者承継ニーズに対して課題となるのがマッチングの成立です。金融機関内での譲渡相談に対して従来は、本部担当者を中心に結びつけていましたが今回「事業引継ぎ.net」を活用し行内ニーズのマッチングを仕組化いたします。「事業引継ぎ.net」の自動でニーズがマッチングされる機能を活用する事で更に顧客のニーズを漏れなくスピーディーに繋ぐ事を目指します。また、行内でマッチング先が見つからない際には「事業引継ぎ.net」のネットワークを活かし他金融機関の顧客とのマッチングを行う事でマッチングの機会を増加させます。

本取り組みは株式会社秋田銀行の「あきぎんSDGs宣言」における重点取り組み事項「地域経済の発展」に該当します。事業承継、M&Aへの取り組み強化を行う中で、今回「事業引継ぎ.net」を活用いただきます。

■「事業引継ぎ.net」について( https://www.hikitsugi-net.com/
地域金融機関が顧客企業のM&Aを支援する金融機関専用のクローズドサイトです。サイトを活用したニーズのマッチングには、「60~70代の経営者の多くはWEB活用が苦手」「WEBで情報交換をした“顔の見えない”企業は不安」等があげられます。「事業引継ぎ.net」は、金融機関の行職員同士が中小企業経営者に代わりデータ登録から交渉までを行う事から安心したマッチングサポートを受ける事ができます。
[画像1: https://prtimes.jp/i/11751/25/resize/d11751-25-998294-3.jpg ]


2019年6月のサービスリリース以来、富山県・石川県・福井県・静岡県・長野県・埼玉県・茨城県・香川県・山形県の金融機関と提携して活動を実施、今回の提携で秋田県が加わり計13行庫の金融機関との提携ネットワークとなります。

提携ネットワークを通じた買い手企業登録は2,300件以上、公開されている売り手企業への問い合わせ発生率は67%となっています。(2020年8月現在)今後、東北地区における地方銀行・信用金庫・公的機関などとの連携を積極的に進める事で東北地区における“地域内承継”ネットワークを拡大すると共に、全国のネットワークの拡大に力を入れる事で中小企業の事業引継ぎの選択肢を最大化してまいります。
[画像2: https://prtimes.jp/i/11751/25/resize/d11751-25-951740-0.png ]


■インクグロウ株式会社( https://incgrow.co.jp/)
代表者 : 鈴木 智博
所在地 : 東京都中央区日本橋本町2-7-1
事業内容: 全国130以上の地域金融機関との業務提携による中小企業支援業務

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング