化粧品OEM:オリジナル化粧品受託製造の株式会社シーエスラボの市場ニーズに合ったクリーミーローション処方が新登場

PR TIMES / 2012年4月3日 10時59分



株式会社シーエスラボが開発したクリーミィローションが保湿と浸透の
2つの機能を兼ね備えた化粧水として話題を集め、
市場のニーズに合った新処方が登場している。


■粒径が小さく均一なエマルション

 クリーミィローションとは、女性がスキンケア化粧品に求めている
「保湿性」と「浸透性」の2つを兼ね備えた化粧水だ。
シーエスラボでは、「D相乳化技術」を応用することで(「D相」とは「界面活性剤相」のこと)、
この相反する2つの要素を可能にし、油性成分を高配合(30%まで可能)しているにも関わらず、
低粘度で浸透性が高く、ナノオーダーの均一なエマルションを実現した。
 ナノオーダーのエマルションについては、粒度分布データを見ると明らかだ。
粒度分布測定装置で測定すると、
クリーミィローションの粒径はほぼ0.1〜1um(ミクロン=ミリメートルの1000分の1)に分布している。
 これに対して、常の化粧水に30%の油を配合すると、粒径の分布域は1〜8um。
クリーミィローションと比べると粒子が10倍ほど大きいことがわかるだろう。

図1)クリーミィローションの粒度分布データはこちらから
⇒ http://www.cslab.jp/category/1609701.html


図2)一般的な化粧品に30%の油分を配合した場合の粒度分布データはこちらから
http://www.cslab.jp/category/1609703.html


 顕微鏡で観察しても、両者の違いは明白だ。
 http://www.cslab.jp/category/1592067.html

30%の油分を配合した通常の化粧水の場合、安定性が低く、
水と油が分離してしまい均一には混ざらず、肌への浸透性はどうしても低くなる。
 こうした問題点をクリアしたのが「D相乳化技術」を使ったクリーミィローションだ。
粘性が低いので、外見的にも手に取った感触的にも化粧水そのものだが、
実際には油分を多く含み、保湿性が高く、肌にスーッと浸透していく。
安定性良好のため、時間がたっても水と油が分離することはない。

■時間が経過しても高い水分量を維持

 モニターによる保湿評価でも、明確な違いが浮き彫りになっている。
 クリーミィローションと一般的な化粧水を肌に塗布し、経過時間ごとの水分量を測定したところ、
塗布直後の水分量は塗布前を1とした場合クリーミィローションが1.45あるのに対し、
一般的な化粧水は1.3。この差は、時間が経つにつれてどんどん広がっていく。
 塗布後45分を経過したとき、クリーミィローションの方の水分量は1.85を保っているが、
一般的な化粧水の場合、水分量が低下を続け、わずか1.1しかない。塗布してから
90分が経過しても、クリーミィローションはあまり水分量の急激な落ち込みが見られず、
90分後でも1.5の水分量を維持している。
 一方、一般的な化粧水は塗布してから90分が経つと、水分量は1.05程度にまで落ち込んでしまう。
油分を高配合し、なおかつ安定性が高く、
均質なエマルションを実現しているクリーミィローションならではの高保湿力だ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング