ビットアイルとサイバーソリューションズがハイブリッド型クラウドメールサービスを共同開発して提供

PR TIMES / 2013年5月22日 13時32分

~ 多様な企業用途とセキュリティに柔軟に対応し、ハイブリッド化による高い費用対効果を実現 ~

株式会社ビットアイル(代表取締役社長兼CEO:寺田航平、本社:東京都品川区 以下ビットアイル)とサイバーソリューションズ株式会社(社長:秋田 健太郎、本社:東京都港区)は、企業向けメールシステムに特化したクラウド環境を共同開発し、ユーザの利用環境に最適化された新ハイブリッド型クラウドメールサービスを、2013年7月1日より共同提供することを発表します。

【サービス名】「CYBERMAIL Hybrid Ω 」 (サイバーメール・ハイブリッド・オメガ)
紹介ページ>>> http://www.cybersaas.jp/cybermail_hy_bit/




オンプレミス型のメールシステム構築は、コンプライアンス遵守やBCP対応、企業のセキュリティポリシーやスマートデバイスへの対応等、時代が求める要件が多岐にわたるため、高額な初期投資が必要となり、さらに日常の運用コストも多額に発生します。また、メールシステムを構成するハードウェアやソフトウェア、ネットワーク、データセンターなどが最適に設計するのは難しい面があり、企業が自らのリスクを負い、選定しなければなりません。
昨今では、企業の多様な要望に合わせたプライベート型のクラウドサービスの導入も進みつつありますが、プライベートクラウドでは専用の設備環境が前提となるため、オンプレミス型と同等の投資や運用工数が必要となります。
今回の提携は、両社が共同で、顧客の導入時の負担やリスクを解消することを目指し、各企業の要望に応じた最適なクラウドメールサービスを安心して導入でき、かつ低価格で提供するものです。

■サービスの特長
インフラは、データセンター事業者として実績のあるビットアイルのコンピューターリソースやネットワーク機器、信頼性の高い運用監視サービスを組み合わせて提供します。また、アプリケーションは、企業向けメールシステムにおいて、豊富な構築・運用実績を持つサイバーソリューションズのCyberMailを利用します。


「CYBERMAIL Hybrid Ω」は、両社の強みを組み合わせたサービスで、以下の特長があります。

・企業規模や求められるセキュリティポリシーに対応した最適なクラウドメールサービス

・専用機器と共用機器を組み合わせることで大幅なコスト削減

・システム監視、運用監視、ソフトウェアサポートを一括対応

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング