取っ手のとれるティファール『インジニオ・ネオ』使いやすく進化した新設計の【専用取っ手】&【バタフライガラスぶた】登場

PR TIMES / 2013年2月1日 10時19分



取っ手のとれるティファール『インジニオ・ネオ』
使いやすく進化した新設計の【専用取っ手】&【バタフライガラスぶた】登場

株式会社グループセブ ジャパン(本社:東京都品川区、代表取締役社長:グザビエ・デモゥティエ)は、ティファールの代名詞ともいえる「取っ手のとれるティファール」(着脱式ハンドル付調理器具)を4年半ぶりにリニューアルし、新『インジニオ・ネオ』シリーズの【専用取っ手】と【バタフライガラスぶた】を2013年3月より発売致します。
ティファール独自の特許技術によるワンタッチ着脱方式の【専用取っ手】は、フライパンと取っ手の固定方法の強化と人間工学に基づいた新しい形状デザインで、より快適な操作性を実現しました。
また、消費者のカラーニーズにお応えするために、人気のピンクを採用するなど豊富な5種のバリエーションを取り揃えました。
何枚でも重ねて収納できる新【バタフライガラスぶた】は、ふたのつまみ部分の折りたたみを可能にし、 異なるサイズのふたをすっきり収納することができます。「取っ手のとれるティファール」のコンセプトである“収納性”が究極と言えるカタチで実現されました。
『インジニオ・ネオ』シリーズの【専用取っ手】、【バタフライガラスぶた】に加え、冷蔵庫で一時保存に便利な【シールリッド】は買い替えや買い足しのニーズにお応えするために全品単品発売をいたします。

進化した新設計【専用取っ手】を徹底解剖
ティファール独自の特許技術により実現した「ワンタッチ着脱方式」の【専用取っ手】は、カチッとサイドボタンを押すだけで取り外せ、カチッとレバーを押すだけで装着が可能。限られたコンロスペースの上でも、取っ手の付け替えが片手で簡単にできるので、お料理を楽にスムーズに行えます。
■スムーズに着脱可能なボタンの位置で、片手で楽に操作ができます。

使いやすさを追求した新設計
今回、「ワンタッチ着脱方式」の使いやすさはそのままに、“おなべやフライパンとの固定方法”と“取っ手の形状デザイン”に改良を加えた新設計により、高いフィット感で操作性をアップ。より快適な調理を実現しました。

1.安定感のある使い心地
■固定ポイントを1箇所から3箇所に増やすことにより、おなべと取っ手との間に生じる『あそび』の動きを90%削減*。おなべと取っ手の一体感を高め、安定感のある使い心地を実現しました。*グループセブ ジャパン調べ

2.握りやすく快適な操作性
■人間工学に基づいたデザインで、握りやすく、快適な操作性を実現。
おなべ本体との装着部分の角度と形状を見直し、手にかかる負担を軽減しました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング