成城石井のワインバー「Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO」2号店を神奈川・横浜関内に開業いたします!

PR TIMES / 2014年11月22日 10時33分

株式会社成城石井は11月25日(火)、当社が展開するワインバー「Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO」の2号店「Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO 関内店」を神奈川・横浜関内に開業します。出店場所は神奈川県庁近隣の多くのビジネスパーソンが行き交うオフィス街。ランチのニーズにもお応えできるような、週替わりメニューや限定メニューを用意しました。1号店を構える麻布十番で培ったノウハウをベースに、この関内店は成城石井店舗から切り離した初の独立型店舗として営業します。
成城石井ならではの選りすぐりのワインと世界中から取り寄せた極上フードを気軽にお楽しみいただける「Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO」が、横浜の地で新たなチャレンジを開始します。




株式会社成城石井(本社事務所:神奈川県横浜市西区北幸、代表取締役社長:原昭彦)は、2014年11月25日(火)にワインバー「Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO 関内店」を神奈川・横浜関内にオープンします。関内店は1号店の「Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO」とは異なり、成城石井店舗が併設ではない初の独立型店舗です。

■「Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO」の新たなる挑戦
「Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO」は成城石井の商品調達力と開発力を最大限に活かし、世界中から選りすぐった上質なワインと食材をコストパフォーマンス高く提供するワインバーです。昨年12月、東京・麻布十番に「Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO」をオープン。売上は当初見通しの2倍以上に達しており、現在も好調を維持しています。「Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO」で体験したおいしさをご自宅でも楽しみたいというお客様が、帰りがけに階下の成城石井の店舗でお買い物をされていくという回遊性はもちろんのこと、離れたご自宅の最寄り店舗でも相乗効果が見られるようになりました。そこで、単独での出店も可能なのではないかという仮説のもと、「Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO 関内店」は成城石井店舗から切り離した初の独立型店舗として誕生します。


この関内店は、麻布十番店のノウハウを活かし当社の商品をメニューの約7割で使用。また、120種類以上の選りすぐりのボトルワインをご用意いたしました。さらにオープンキッチンを採用。活気や音、ライブ感を演出し、より一層五感で楽しめる全く新しいワインバーへと進化いたしました。本当においしいワインとフードをお気軽に、神奈川・横浜関内でも是非お楽しみください。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング